スポンサーリンク

ウェントワース女子刑務所シーズン7第3話のネタバレ感想 世間は狭い。自分がしたことは必ず自分に返ってくる

ウェントワース女子刑務所 シーズン7 第3話 あらすじ ネタバレ 感想

おカズが過去の自分の行動を振り返る回となりました。

それにしても世間は狭いですね〜。

人は行動に支配される。

因縁ってやつなのか。自分がしたことがきっちり返ってくるように巡り合うのかもしれない。

前回のあらすじ感想はこちら>>

umidoranichiria.hatenablog.com

あらすじ

前回のコンカラーズスペシャル事件で独房に入ったおカズは、カウンセリングを受けることとなった。

カウンセリングで過去の行動を振り返り、改心したおカズだったが、マリーの行動で意気消沈。

一方、ウェントワースに新囚人『ナレル』と新看守『ショーン』が入った。

ナレルはリタを知っていて、ショーンはジェイクと一緒に働いていた元同僚。

ナレルに弱みを握られているリタは彼女の用心棒を引き受けるが・・・

 

おカズ

今回はおカズが主役だったんじゃないでしょうか。

おカズと言えば『暴力を使わないトップドッグ』というのを売りにしましたよね。

アイロンプレスはたまにやるけど、あれはいくら言っても聞かない囚人にお仕置きという行為で使ってました。

ところがマリーが入ってきてからというもの、かなり暴力的です。

マリーとは過去の因縁があるから、どうしても個人的な恨みを晴らすような行動をとってしまうんでしょうね。

 

第3話では、アリーとおカズの回想シーンが断片的に出てきました。

アリーの薬物依存を救ったのはおカズで、薬物依存にしたのはマリー。

そしてまたマリーが薬漬けにしようとしてるのを見て、いてもたってもいられなかったんでしょう。

弱い女性、困ってる女性を親身になって助けてあげるのは、とても素晴らしい行動だと思います。

でもおカズの場合、有り余る正義感が過ぎてお節介ババアになっている。

『良くない行動でもそれを本人が望んでいたとしたら阻止するのは正しいのか』とミラー医師に言われ、今までの行動を見つめ直し始めたようです。

ウィルへの謝罪は独房から出るパフォーマンスかと思ったけど、その後の行動を見てると本気で行いを振り返ったようですね。

 

でも、これって難しいよね。

おカズ設立の自警団『レッド・ライト・ハンド』本来は弱き女性を守る会。

おカズは幼少期に父親に虐待を受けてたが、助けてくれる人はいなかった。

その時の自分の辛い経験から、裁かれない悪を裁く会を作ったけど、側から見て辛そうに見えても当人はそうでもない事もある。

辛いのに助けを求めることの出来ない人もいるから、自分から手を差し伸べるというのも人助け。

誰にでも喜ばれる良い行いの定義はないんだね。

 

一つ良い行いの基準があるとしたら、法を守ることかな。

薬物は法に引っかかるから完全に良くない。

アリーを救ってあげるのは正義。

「子供扱いしないで」と言うアリーだけど、子供のくせに一丁前の口聞いてるんじゃねぇよ!と言いたくなります。

 

おカズも自警団やりながら、だんだん考えがエスカレートしていったのかもね。

人は初めの一歩は慎重になるけど、慣れると当たり前になり、ちょっと引っかかることでも正当化しちゃうから。

慣れって怖いよねー。

カウンセリングを受けた事で、多方向からの見方ができ、過去の過ちを認めたおカズは偉い!

爆弾投げ込んどいてマリーに謝りに行くって、かなり勇気入りますよ。

それを実行しようとしただけでも偉い!

謝ろうと決心したのに、あのタイミングでウィルとマリーのキスシーン見るかね〜。

おカズはウィルのことを「特別な存在」と言ってました。

男性に暴力をふるわれてたおカズは、男性恐怖症で男性を信じられないと思います。

それなのにウィルにそんな言葉かけたのは、異性として好きとか、そんな簡単な感情じゃないと思うんですよね。

マリーとデキてたなんて、かなりショックだったでしょうね。

女はね、もし旦那や彼氏に他に女がいたとしても、その女性が素敵ならなんとなく諦めがつくんです。

でも自分から見て、素敵だとは思えない女性が相手だと思うと、めちゃショックを受けます。

ウィルの相手がまだリズだったらショックも軽かったかもね(笑)

私なら旦那の相手がリズだったらショックだけど。

 

スポンサーリンク

 

ナレル

ウェントワース女子刑務所 シーズン7 第3話 あらすじ ネタバレ 感想

新囚人ナレルは良い札を手に入れましたねー。

リタが用心棒なってくれたら無敵でしょ。

だけど弱みにつけ込んで、無茶なオーダーすると自分の身が危ないわよ。

兄を障害者にしたおカズを殺せとリタに命令したけど、リタは実行しないでしょうね。

ナレルには今後、お仕置きが待ってる予感。

売人繋がりでコスタにボコボコされちゃうんじゃない?

ショーン

ウェントワース女子刑務所 シーズン7 第3話 あらすじ ネタバレ 感想

シーズン7のウェントワースはどうした?

ミラー医師に始まり、イケメンが続々と増えてるじゃないかー!

前の刑務所内でジェイク一と、囚人に麻薬を売りさばいてたショーン。

早速コスタに目をつけてたから、また麻薬で荒稼ぎしそうですね。

 

刑務所の月給って安いのかな?

裏バイトするくらいお金足りないのか、金遣いが荒いのか、副看守昇進のマイルズもお金に目がないよね。

ブーマーの頼み事を「私は副看守になったの。そんなヤバいことできないわ」と、違反なお小遣い稼ぎよりキャリアをとったと驚いたけど、大穴馬券を買うため、ブーマーのお願いを200ドルで引き受けると言った。

オーストラリアドルだったら16000円くらい?

それもないほど、お金を何に使ってるんだ。

金遣いの荒い女は思考回路もゆるい。

 

 

ウェントワース女子刑務所シーズン7第3話の感想

新キャラが続々と投入されてます。

こんなに急速なのは、誰か離脱者(死人)が出るからなのか?

そして、イケメンも続々投入。

次はリズの夢を叶えるリストの相手がイケメンだったりするのかな?

でもアリーの知り合い男性だったら売春してた時の客だよね。

客だったらチャニングみたいなのしかいなさそう。

 

トップドッグはこのまま、おカズになるんでしょうか?

おカズは人間的には良い人なんだけど、客観性に欠けるからボスの器ではないよな。 

ヴェラが次のトップドッグにコスタを上げてたけど、なぜコスタ?

コスタが第3話でかなりクローズアップされてたので、コスタそろそろ離脱か!?

 

気になったのはマリーがインターネットで『小児愛者』のリストを調べてました。

「裁判に勝つ資料を調べさせて」とウィルには言ってたけど、真相はそうじゃなさそうですね。

おカズのお父さんのこと調べてたのかな?

こんな目に遭わせたおカズに仕返ししないわけないでしょう。

 

いつもながらに女の戦いバチバチなウェントワースですが、リズの夢をかなえるリストだけがほっこりさせてくれます。

ノーマルな女囚人は性欲を持て余してるみたいですね。

美人だったら看守と関係が持てるけど、そうじゃなかったら性欲処理も大変ね。

次回のネタバレ感想はこちら>>

umidoranichiria.hatenablog.com

  

huluは2週間無料で視聴できますよ!