スポンサーリンク

ウォーキング・デッドシーズン9第12話のネタバレ感想 マスクマンたちの大きな弱点

ウォーキング・デッドシーズン9 第12話  あらすじ ネタバレ 感想

ウォーカーの皮を被った集団。

今回、謎だらけの生態が明らかに。

リディアを追っていった、思春期まっ只中のヘンリー。

彼は何かを変えることはできるのか?

 

 前回のあらすじ感想はこちら>>

umidoranichiria.hatenablog.com

あらすじ

アルファの集団に連れ戻されたリディア。

ウォーカーマスクは没収されたため、素顔丸出しで仲間たちと歩みを共にする。

リディアを追ってヒルトップを抜け出したヘンリーだがアルファの集団に見つかり、まんまと捕らえられる。

 

他のコミュや委員会の人々と意見が合わないミショーンは孤立気味。

それを見ていたニーガンは過去のリーダ歴を振りかざし「人々を統率する方法を知ってる。相談にのる」と話を持ちかける。

 

前回、セディクの子供を妊娠したとわかったロジータ。

三角関係の結末やいかに?

 

スポンサーリンク
 

マスクマンたちの弱点

今回、アルファたちの生活っぷりを覗くことができました。

遊牧民族のようですね。

ここといった寝床は決めず、日課はふらふらと仲間を連れ立ち徘徊。

ウォーカーと同化することが生きる道!と言ってましたが、ウォーカーにめっぽう弱いことが判明。

ウォーカーがコミュを襲った時の弱さったらなかった。

この世界を今まで生き残ってきたコミュたちは、ウォーカーと戦う術を身につけてる。

『ウォーカーは恐ろしい存在』となっていたシーズン6くらいまでとは打って変わって、シーズン7では『ウォーカーよりも恐ろしいのは人間だ』と言わんばかりのニーガン戦が繰り広げられてました。

ウォーカーは規則的な動きをするので、一度攻略するとそんなに恐ろしい存在ではないんですよね。

と、思ってましたがアルファたちは、ウォーカーと戦えない人が多いらしく結構やられてました。

コミュ内ではマスクもとって、人間として生活。

バリケードもなかったようだし、よくここまで生き延びてこれたなと感心します。

 

ウォーカーにじは弱いけど、人間にはめっぽう強い。

反発者が出ようもんなら即死形。

ウォーキング・デッドシーズン9 第12話  あらすじ ネタバレ 感想

なすD〜!!

 

ウォーキング・デッドは人間ドラマだと思ってましたが、アルファたちの登場でホラー要素が強くなっちゃうのかな。。。ホラーは苦手です。

この生首を彼氏にパス。

鳥肌モンのホラー光景でした。

ヘンリー恋に敗れる

勇ましくリディアを救うぜ!とストーキング中のヘンリー。

ウォーキング・デッドシーズン9 第12話  あらすじ ネタバレ 感想

ちょいちょいリディアの言動に「え!?」と言って、振り向きながら驚く。

キスまでしたのに何それ〜!って顔してました。

「追いかけてくるなんてバカじゃないの?」と言われのパンチ。

「信用されるために嘘をついた」という発言。

リディアのために、愛のために、と追ってきたヘンリーですが、メンタルはズタボロでしょう。

 

まだまだチャンスはあります。

ダリルたちがヘンリーとリディアをアルファの元から連れ出す。

リディアの発言は母から自分の身を守るための発言っぽいですもんね。

ヘンリーへのパンチの真意は「追いかけてくるなんてバカじゃないの?危険だよぉ、心配させないで」かもしれません。

DV 少女リディアは愛情にめっぽう弱いはず。

ヘンリーといい仲になっちゃうんじゃないの?

う〜ん、ヘンリーがおいしい目見るのはどうですかね〜。

あんなにトラブルばっか起こしてるんだから、最後はギャフンって感じで〆て欲しいです。

結構、男見る目あると思うんすよね〜

ロジータ、セディク、ゲイブリエルの三角関係。

これに関わるユージーン。

ロジータを愛するがゆえに、ロジータの1番の幸せを願う男です。

「ロジータのお腹の中の子供が自分の子じゃないのは大した問題じゃないんだ!」と、ゲイブリエルに喝を入れる。

いやいや、かなりのレベルの大した問題だよ。

 

「決めるのはセディクでもゲイブリエルでもない。ロジータなんだ」という言葉もよかったです。

とんだ尻軽女のロジータ。2人の男に捨てられても当然なのに、もう一人男が絡んできちゃうんですよ。

ロジータほどの女は違いますね。

 

たしかに、子連れ再婚の時は「子供がいるから」とウジウジ言うのは違うような気がするから、それをユージーンも言いたいのかな。

結婚するのは子供とじゃない。彼女となんだから他は気にするなってこと?

なんて懐が深い男なんでしょう。

こんないい男がいることに気づかないロジータに気づかせてあげたい。

 

ウォーキング・デッドシーズン9 第12話  あらすじ ネタバレ 感想

いつの間に調達?のマタパン贈呈の儀

 

自分で渡さずゲイブリエルにってとこが、またまたニクいですね。

私はずっとユージーン推しでした。

私の男を見る目はいい線いってるのかもしれないです。ふふふ。

 

スポンサーリンク
 

子供達の成長

今回、手厳しいシーンや毎度のヘンリーのイラつきシーン、ホラーなシーンがありましたが、ほっこりするシーンもありました。

子供の成長って早いですね〜。

 

グレイシーは聖域から連れてきた赤ちゃん。

ウォーキング・デッドシーズン9 第12話  あらすじ ネタバレ 感想 グレイシー

TWDの世界では養子の手続きが簡単

 

アーロンとアーロンの彼氏(故)の養子になった時はこんなにちっちゃかったのに。

 

ウォーキング・デッドシーズン9 第12話  あらすじ ネタバレ 感想 グレイシー

赤ちゃんの時、ベビーベッドにあったうさぎのぬいぐるみ

 

ウォーキング・デッドシーズン9 第12話  あらすじ ネタバレ 感想 グレイシー

大きくなっても手に持ってる。

これがブランケット症候群ってやつですか?

お気に入りのぬいぐるみは洗っただけで怒られちゃうんですよね。匂いが違うって。

 

ついでにジュディスの赤ちゃんシーンも。口元のムギュッとした感じが可愛いですよね。

ウォーキング・デッドシーズン9 第12話  あらすじ ネタバレ 感想 ジュディス

ジュディス?何かいるのか?見えるのか?

 

ニーガンも思わず笑顔。

リックとミショーンの息子のRJも登場してたけど、大きくなってたな〜。

ウォーキング・デッドシーズン9第12話の感想

ミショーンがまるでヒトラーのようでした。

アレクサンドリアを愛するばかりに他のコミュを見捨てるなんて。

アーロンもそれに賛同。

愛するものを失うと、リスク回避の守りに入っちゃうのもわかります。

ジュディスの「ママは変わった」の一声でミショーンが王国を助ける決断を下す。

子供はよく見てて、親はハッとさせられることあるんですよね。

子供が親を成長させる。ほんとそうですよ。

ミショーンの独裁政治ではうまくいかないと思うので、これでよかったんじゃないでしょうか。

 

アルファはまたま娘を奪われてしまいました。

「娘だけ特別扱いした」と抗議が入ったけど、次もまた連れ戻しに行くのでしょうか?

ヘンリーは今日もお荷物。

結局、助けたのダリルたちだしね。

ダリルがいるし、無事ヒルトップまで帰れることでしょう。

 

次回のあらすじ感想はこちら>> 

umidoranichiria.hatenablog.com

ウォーキング・デッドはhuluで放映中!