スポンサーリンク

ウォーキング・デッドシーズン10第5話のネタバレ感想 ニーガン覚醒

ウォーキング・デッドシーズン10 第5話 ネタバレ 感想 あらすじ

久しぶりにニーガンらしい姿を見ました。

悪役なのにニーガンが嫌いになれないのは、自分なりの信念が あるからなんだろうな。

ウォーキング・デッドシーズン10第4話の感想はこちら>> 

umidoranichiria.hatenablog.com

あらすじ

アレクサンドリアから脱走したニーガンの元に、元聖域の住人ブランドンが現れる。

ニーガンをリスペクトしてるブランドンはニーガンと行動を共にしたがる。

一方、ヒルトップでは納屋や壁の修理、押し寄せてくるウォーカーの対処に追われる中、物資や医療品が盗まれていることに気付く。

 

スポンサーリンク
 

ウォーキング・デッドシーズン10第5話の感想

ニーガンは悪役ですが、ファンも多いようですね。

それはダンディなルックスだけではないと思うんです。

確固たる自分の信念を持ってるんですよね。

ブランドンが現れたことで、ニーガンの魅力を再認識できた回でした。

ブランドンの偶像化

ウォーキング・デッドシーズン10 第5話 ネタバレ 感想 あらすじ

ウォーキング・デッドではリックが正義であり、ニーガンは悪の象徴として描かれてきました。

だけど、万人に好かれる人間はいないんですよね。

ブランドンはアンチリック派。

リックを偽善者呼ばわりし、ニーガンを崇拝してる。

ニーガンが権威を振るってた頃はブランドンは幼い子供だった。ニーガン伝説を又聞きしてるからか、ちょいちょいズレてました。

ウォーカーの点数付では「点数をつけてたわけじゃない」とニーガンが言ってたけど、ブランドンの採点に「しかもあれは7だ」と訂正するシーンが笑えました。

私も過去、街を歩いてた時に見知らぬおじさんに「85点」と言われたことがあります。

すっごく腹が立ったと、友達に話したら「85点なら高得点やん」と言われて怒りがおさまりました。

点数の高い低いではなく、勝手に点数つけられることが腹立つのよね。

せめて採点基準を教えてくれ!

 

話は戻しまして・・・

「ニーガンといえばコレだろ!」と、アレクサンドリアのどこかに仕舞ってあったレザージャケットを持ってきて、有刺鉄線をぐるぐるに巻いたバットも用意。

ルシール+革ジャンで、勢いに乗ってた頃のニーガンの制服をプレゼントする姿は『ニーガンのため』というより、自分が見たいが為の行為。

奥さんにエロい下着きせる旦那さんとなんら変わりない。

 

ニーガンをリスペクトしてるけど、ニーガンの表面的な部分に憧れたことが命取りになりましたね。

マイロという少年と、そのお母さんに出会った2人。

ニーガンは子供好き。

マイロと話す様子はとても微笑ましかったです。

ウォーキング・デッドシーズン10 第5話 ネタバレ 感想 あらすじ

私も飛行機の機内食好きじゃない。

ニーガンの言うビーフストロガノフの機内食は想像つきます。

 

安住の地を紹介しようと、アレクサンドリアにマイロたちを連れて行こうとしたニーガン。

ニーガンに別行動を命じられたブランドンが『ニーガンが自分を試している』と勘違いしてマイロたちを殺してしまう。

彼はニーガンの本質を見ようとしなかった。

親たちが語り継いできたニーガンの伝説を聞き、自分のいいように偶像化してしまったのが原因。

今、アレクサンドリアが満足できる住環境じゃないから、何か他のものに心の拠り所を求めちゃうんですよね。

ブランドンにとってそれは、口笛吹いてた頃のニーガンだったのでしょう。

嬉しそうに薪持ってきた『善』なニーガンから、『悪』のニーガンへとスイッチが入った瞬間でした。

そして、あの最強コスチュームに身を包み、アルファの敷地に乗り込んだ。

ウィスパラーズを子豚呼ばわりし、挑発的なニーガン。

これからのニーガンの行動が楽しみです。

 

スポンサーリンク
 

マグナ

他にもちょっと気になったのがマグナの行動。

ウォーキング・デッドシーズン10 第5話 ネタバレ 感想 あらすじ

マグナは親戚の子の敵討ちとして人を殺してるようです。

その弁護士として雇われたのがユミコ。

「いいスーツ着た弁護士」とユミコのことを言ってたので、この世界になっても劣等感が消えないようです。

物資を盗んでたのはマグナ。

マグナは信じられるのは自分だけなんじゃないかな。

何か心の闇を感じます。この闇は今後明かされるのかな?

ダリルとコニー

ケリーの捜索に行った時のダリルとコニーの会話が良かったです!

ウォーキング・デッドシーズン10 第5話 ネタバレ 感想 あらすじ

メルルが湖に落ちて助けた話がメルルっぽかった。

「だから大丈夫!」と無茶苦茶なオチをつけたダリルですがコニーが笑ってたし、とにかく元気付けてあげたかったのでしょう。

この不器用な優しさがたまりません。こういうダリルが好きなんだよな〜。

なんだかんだ、手話覚えてるのも素敵です。

ダリルとキャロルがくっつくことを夢見てましたが、コニーとの方が絵面が想像できるようになってきました。

ダリルの不器用な優しさだけでなく、愛する女性に対する愛情表現や優しさも今後、見てみたいような気がします。

ガンマを助けたアーロン

アレクサンドリアの水を汚染するために、ウォーカーの内臓を引き裂いてたガンマはその時に怪我をしました。

それを見てたアーロンが親切で包帯を渡します。

この優しさを、いいように利用されてしまうとも知らずに・・・

ウォーキング・デッドシーズン10 第5話 ネタバレ 感想 あらすじ

ガンマは心底、アルファを尊敬してるのでしょうか?

今回も意見した仲間を簡単に殺してしまったし、妹に対するひどい行動も知ってます。

仲間を助ける為の暴力行為なら気持ちはわかるけど、その暴力行為に価値が見出せないと従えないと思うんですよね。

ニーガンは暴力的だったけど、聖域を守る為の暴力だった。

やりすぎ感もあったけど、聖域では衣食住が確保されてた。

ウィスパラーズはそういう信念がよくわからないカルト集団なので、アーロンと接してるうちにガンマが寝返るかもしれませんね。

ウォーキング・デッドシーズン10第6話の感想 はこちら>>

umidoranichiria.hatenablog.com

 

ウォーキング・デッドはhuluで放映中!