スポンサーリンク

ウォーキング・デッドシーズン10第13話のネタバレ感想 ミショーンバッドトリップするの巻

ウォーキング・デッド シーズン10 第13話 あらすじ ネタバレ 感想

シーズン10で降板すると言っていたミショーン。

この回がミショーンの最後なんですね。

もっともらしいフェードアウトでした。

それにしても、バージルは腹立つやつでしたね〜。

前回のあらすじ感想はこちら>>

umidoranichiria.hatenablog.com

あらすじ

図書館で出会ったバージルと、ブルーズワース島へ向かったミショーン。

そこはかつての海軍基地、武器が大量にある島。

オーシャンサイドに被害をもたらしたお詫びとして、バージルは武器を渡す約束をしていた。

島に到着した2人だが、武器庫になかなか案内しないバージルにミショーンは不信感を持つ。

 

スポンサーリンク
 

自己中バージル

ウォーキング・デッド シーズン10 第13話 あらすじ ネタバレ 感想

バージルを信じて島に向かったミショーンですが、口車にまんまと乗せられましたね。

バージルがミショーンを連れて行った理由って、奥さんや我が子を成仏させるためだよね。

自分では愛する家族を殺せない。

刀さばきが達者で、ウォーカー殺しに慣れてるミショーンなら、ウォーカー化した家族を安らかに眠らせてくれる。

その後はあわよくば、ミショーンと夫婦になろうと思ってたのではないでしょうか?

「君は苦しんでいる。俺と同じだ。俺と同じで癒しが必要だ。」みたいなこと言ってましたよね。

 

バージルの自己中っぷりにイライラしました。

ウィスパラーズ戦に備えて武器が欲しいのもわかるけど、得体の知れない男についていくのはハイリスクよね。

 ミショーンのバッドトリップ

ウォーキング・デッド シーズン10 第13話 あらすじ ネタバレ 感想

バージルが武器庫に案内しない事にしびれを切らし、島内を徘徊し始めたミショーン。

バージルに見つかり「信用できない!」と閉じ込められる。

ミショーンの横には、かつてバージルと共に生活してたセレステ率いる3人が閉じ込められていた。

「食事摂らないと、バージルをやっつけれないわよ。安全だから食べなさい」と言われ、配膳された食事を食べたミショーン。

その後、妙な幻覚を見るようになった。

 

リックたちのコミュにいたアンドレア。

シーズン3で、アンドレアとミショーンが出会ったことから今がある。

ウォーキング・デッド シーズン10 第13話 あらすじ ネタバレ 感想

もしあの時、アンドレアを見殺しにしたら、ガバナーとリックたちが戦うこともなかったかも知れない・・・という流れになるのかと思ったけど、この幻覚はミショーンの意思は全く反映されない幻覚のよう。

 

アンドレアを見殺しにし、ニーガンと出会い、ニーガンの仲間になるミショーン。

ウォーキング・デッド シーズン10 第13話 あらすじ ネタバレ 感想

ニーガンの側近のミショーンも女戦士という感じでカッコ良かった〜!

 

グレンとエイブラハムが惨殺される前のシーンも出てきました。

そこでは、ニーガンがミショーンにルシールを手渡し、殺す者を選ぶ。

ミショーンが選んだのは自分だった。

「覚えておきな。これから起こることはお前のせいだ」と自分自身に言いルシールを振り下ろそうとする。

そこからダリルにボーガンで撃たれ、その後リックに頭を撃ち抜かれる幻覚で覚める。

 

嘔吐してるミショーンの横で「いい夢見れた?」と能天気なこと言うバージル。

バージルが朝顔のお茶を飲ませたことで、バッドトリップしてしまったようです。

バージルは朝顔のお茶と相性が良かったようで、家族との楽しかった思い出が見れた。

薬もそうだけど、人には合う合わないあるからねぇ。

バージルのこの行動は、ミショーンを癒してあげたくてやったようですが、裏目に出てしまいましたね。

もしミショーンがグッドトリップをしたとしても、監禁してる時点でフォーク刺されるのは免れないだろう。

 

スポンサーリンク
 

リックの手がかりが!!

バージルに騙されて島に来たけど武器はないわ、閉じ込められるわで散々なミショーン。

だけど、この島に来た意味を見つけることができた!

 

嵐で島に流れ着いた船の中で『ニュージャージー』『 橋 』『造船所』と書かれたメモやリックのブーツと携帯を見つける。

ウォーキング・デッド シーズン10 第13話 あらすじ ネタバレ 感想

『もう少し信じてみて』って書いてるよね!

でもなぜ日本語?RJの似顔絵はなし。

 

来た時の船はバージルに焼かれたため、この船で島を出たミショーン。

トランシーバーでジュディスと会話も出来た。

リックの手がかりを見つけ、パパが生きてることを伝えた。

このままジュディスの元に帰ろうとしたミショーンに「パパを見つけて。帰りたいのに帰れないかもしれない。私たちは大丈夫」と言ったジュディス。

涙ながらにミショーンに伝えつつも、泣いてる様子を隠すように明るく話してた。

たった8歳なのに、なんて大人なんでしょう!!

リック探しに出かける

ジュディスに言われ、リックを探しにいくことにしたミショーン。

初登場した時同様、口と手を切ったウォーカーを従えていた。

ウォーキング・デッド シーズン10 第13話 あらすじ ネタバレ 感想

 

その後、2人の男女に会う。

最初はこの2人を無視しようとしてたミショーンだけど、お供のウォーカーを殺し、2人をコミュのところに連れて行ってあげる。

 

ミショーンがまたウォーカーをお供にしたのは『人を信じない』という心の現れだったような気がします。

アンドレアに会った時も、ミショーンはウォーカーを連れて1人でいました。

警戒心は今よりも強く、情けをかける性格じゃなかった。

リックと出会い、様々な経験を通し、情けも必要だと学んだのかもしれません。

そうじゃなければバージルを生かしておくわけない。

 

スポンサーリンク
 

ウォーキング・デッドシーズン10第13話の感想

バージルに騙されたミショーンだけど、リックの大きな手がかりを掴むことができました。

携帯に日本語の文字が書かれてるってことは、日本人も一緒ってことかな?

ミショーンはこれで降板だそうです。

『リック探しの旅に出る』 という、もっともらしい離脱を果たしました。

 

ウォーキング・デッド シーズン10 第13話 あらすじ ネタバレ 感想
毎回、ジュディスのシーンに胸が熱くなる。

勝気で好奇心旺盛だけど、人の気持ちを考えれる大人なキャラ。

我慢しすぎて壊れてしまわないか心配です。

8歳?9歳になった?くらいの女の子は、まだまだ甘えたいでしょ。

ダリル!しっかりケアしてあげてよ!!

 

今回のタイトルは『選択』

選択が違えば、運命も変わるし、考え方も変わるってことですね。

私たちも日々、選択をして生きています。

小さな選択から大きな選択まであるけど、その時選んだ物事が未来の自分の運命になる。

悪いことが起こった時に人のせいにするけど、それは本当にその人のせいなのだろうか?

自分の選択ミスではないだろうか?

メリットもデメリットも想定して選択しただろうか?

「覚えておきな。これから起こることはお前のせいだ」は、私自身にもずっしり来るセリフでした。

選択した道が悪かったとしても、ミショーンのように良い出来事もあるかもしれません。

リックを見つけて2人で戻ってくることを願ってま〜す!

次回のあらすじ感想はこちら>>

umidoranichiria.hatenablog.com

 

ウォーキング・デッドはhuluで放映中!