スポンサーリンク

42歳で自然妊娠、この歳での妊娠発覚は複雑な心境

42歳 自然妊娠

こんにちは。Tバッグたまもりです。

つい最近、自分でも信じられない出来事が起こりました。

42歳で自然妊娠しました。

妊娠検査薬で陽性反応が出た時、正直嬉しいと喜べませんでした。

赤ちゃんを授かるのは嬉しいことなのに、夫の子であっても素直に喜べないこともあるんですね。

結果的には自然流産してしまいましたが、42歳で自然妊娠した心境や、思ったことなどを書こうと思います。

 

 

スポンサーリンク
 

42歳で自然妊娠した心境

生理が遅れてると思い、妊娠検査薬をしたら陽性反応が出ました。

声に出して「うそ〜!」と驚き、何度も検査薬の説明を読みました。

『尿をかけすぎると正確な診断ができない』など書いてましたが、そういえばこのところ体温が毎日37度以上だったのです。

新型コロナウイルスの影響で、我が家では家族みんな毎日検温してます。

最初はコロナにかかってる?と思ったりもしましたが、そのほかの症状がなかったため、代謝が上がって体温が高くなったんだと妊娠を疑いもしませんでした。

 

この歳で妊娠したのにビックリしたのもあるけど、2人の子供が自分たちの手から離れたら離婚することも考えていました。

3人目が就職する頃には60歳過ぎてる。

子供を授かっても育てていけるのかという不安もありました。

その年まで旦那と一緒に生活することを考えると、不安しかありませんでした。

 

スポンサーリンク
 

旦那へ報告、旦那の気持ちは

産婦人科に行った後に伝えようか、行く前に伝えようか迷いましたが、新型コロナの影響で常に家にいるため、こっそり病院に行くのは難しいと思い、病院に行く前に伝えました。

妊娠検査薬の陽性反応が出たと聞いて「うそ〜!!」と、私と同じ反応をしてました。

 

私は正直に「産んであなたと育てていくのが不安だ」と言いました。

歳のこと、経済的なこと、子育てに非協力的なこと、こんな不仲な状態で子育てができるのかということを言いました。

『離婚を考えてるから』というのは言ってません。

 

旦那は、しばらく黙って「どうしようか」と言いました。

この言葉を聞いて私同様、旦那も赤ちゃんを望んでないんだと思いました。

「降ろすことも視野に入れてる」と言ったのですが、この言葉は旦那を試したのかもしれません。

旦那は「倫理的に殺すことはできない」と言いました。

この言葉がまたカチンときたのです。

『倫理的』という言葉は自分がどう思ってるかではなく、『世間一般的に』という、言葉に聞こえ腹が立ちました。

「とりあえず明日、病院行ってみる」と言って部屋を出たのですが、その後旦那から「歳のことも、お金のこともなんとかなるって、産むべきだよ。娘2人も大きいし、子育てを手伝ってくれるよ。3人目はもっと手伝える気がする」と言われ、気持ちが少しづつ安らぎました。 

 

スポンサーリンク
 

自然流産までの経緯

翌日産婦人科に行きました。

5.7mmの胎嚢が確認でき、妊娠の診断を受けました。

まだ本当に妊娠するんだと思ったのと同時に、妊娠したことを素直に喜ぶことができました。

 

家に帰り妊娠を報告すると、旦那はすごく喜びました。

そして、2人目の妊娠の時以上に、私の体を気遣って家事を手伝ってくれたのが嬉しかったです。

普段は生理痛で苦しんでいても「タイミングよく痛くなるなぁ」と嫌味を言われることもあったのに、赤ちゃんがお腹にいるとなると、私のこともついでに気遣ってくれるのです。

旦那は私には厳しく、子供に優しい。

お腹に赤ちゃんがいたら優しい態度なのだろうと思うと、辛い妊娠期も乗り越えられそうな気がしました。

 

ところが・・・

病院に行った翌日、出血しました。

出血は生理終わりかけくらいの少量。

長女の時も出血はあったし様子を見ることにしました。

 

でも、次の日には生理痛のような痛みがあり、出血量が増えました。

出血後、3日目には血の塊が出ました。

腹痛と腰痛もあり、もし妊娠していなかったら確実にロキソニンを飲むくらいの痛み。

体温は37度以上でした。

 

その後は、生理1日目〜2日目くらいの出血が続いてたけど、腹痛はなく、体温は37度以上で胸の張りもありました。

その後、生理の始まりから終わりのような出血に変わり、続いた出血は9日間で止まりました。

体温は36.8度くらいに下がったけど、通常の平熱より少し高い状態でした。

 

産婦人科の次の検診では、自然流産と診断。

完全流産したようで、子宮内に内容物は残ってないと言われました。

次の生理は35〜40日くらい間隔が開くそうです。

 

スポンサーリンク
 

流産の兆候

流産の兆候は

  • 生理2日目くらいの出血
  • 下腹部痛、張り
  • 胸の張りが急になくなった
  • つわりが急に楽になった
  • 基礎体温が下がった
  • 破水(水っぽいおりもの)
  • 下腹部冷感

主に、こんな症状があると言いますが、私の場合、下腹部痛と出血のみで、他の兆候はありませんでした。

数年前、大量の出血と血の塊、生理痛薬を飲んでも効かないくらい物凄い腹痛と吐き気を催す生理を経験しました。

この時は妊娠を確認してないので、妊娠してたのかわからないけど、尋常じゃないこの生理痛は自然流産したのかもしれないと思いました。

今回も流産してるなら、その時と同じような痛みがあると思ったけど、1日だけちょっと重めの生理痛があっただけでした。

流産兆候は個人でも、その時によって差があるのかもしれません。

流産費用や流産手術の流れなど

私は完全流産したので「次の生理がくるのを持ってください。もし、いつもと違う感じだったり、生理が来ない場合は病院に来てください」と言われました。

費用はその日の診察代のみの約2,000円。手術費用はかかってません。

 

去年、友達のKが妊娠しました。

友達も私と同じ歳。

41歳で自然妊娠したけど、胎嚢が育たず流産することになりました。

彼女の場合は、出血も腹痛もつわりも一切なし。

子宮の中の胎嚢を取り出さなくてはいけないので、手術が必要でした。

手術は中絶手術と同じ内容になるそうです。

費用は中絶手術だと10〜15万円位かかりますが、流産が原因の場合は保険適応になります。

友達は3割負担で、3万円ほどだったと言ってました。

 

スポンサーリンク
 

妊娠初期に出血したのに病院に行かなかった理由 

今回の妊娠では、血の塊が出るほどの出血を経験しました。

産婦人科の最初の診察の時に「何かあったら検診前に来てください」と言われましたが、出血しても病院に行きませんでした。

 

長女の時は少し出血しただけでも、病院に電話し心配したものです。

2人妊娠して思ったことは、次の検診で心音が確認できないと、また不安な日々を送ることになるということ。

妊婦検診初期は1週間、または2週間後の検診です。

もし、早めに診察してもらったらまた2週間待たなくてはいけないかもしれません。

妊娠が続いてることを確認できたとしても、心音を聞くまでは安心度が全然違います。

それに、初期の流産は防げないようなのです。

 

自然流産は、妊娠初期に多く発生するトラブルのひとつです。自然流産の原因の多くは、母胎側ではなく胎児側に因子があることが多く、初期流産にいたっては胚の染色体異常で妊娠が中断されるケースが約60~70%にも及びます。 流産の原因となる染色体の異常は、受精時に発症していることがほとんどです。

引用元:【医師監修】自然流産は兆候があるの? 気づかないこともある?

このように、出血を止めたとしても赤ちゃんが育つとは限りません。

今回、2度目の検診の時に

「出血してすぐに病院に行ってたら流産しない可能性もありましたか?」

と、先生に聞きました。

「子宮の内容物が残ってる場合は、手術をするかどうするかを決めるだけであって、流産を防ぐことは難しい」とおしゃってました。

もしかしたらこの言葉は、流産してしまった私を気遣って言ってくれた言葉かもしれませんが、やはりどの情報を見ても初期の流産は致し方ないようです。

 

妊娠出産した友達の中に、妊娠初期に出血が続いていて止血剤を処方してもらい、家で安静にするように言われた子がいます。

そんな話を聞くと、初期に出血していても赤ちゃんが助かる可能性もあるんじゃないかと思いますが、前述のお話が本当なら妊婦さんの気持ちを落ち着かせるために止血剤を出した可能性もあると考えられます。

妊婦にとってストレスは一番よくないことですよね。

 

スポンサーリンク
 

42歳で妊娠して思ったこと

一時は産むことを本気で迷いました。

中絶手術をする人は『彼氏の子を妊娠』『不倫で妊娠』の場合のみだと思ってました。

ですが、私のように40代で妊娠した場合も中絶手術に踏み切る方が多いようです。

allabout.co.jp

 

この事実を知る由もなかったし、知ろうともしなかったし、自分の身に起こることだとは思いもしませんでした。

 

結婚したから妊娠してもどうにかなるでしょと、軽く考えていたわけではありません。

以前は低容量ピルを飲んで避妊してたこともあります。

『もしかして妊娠して流産した?』と思うような激しい腹痛と出血を伴う生理を経験したからです。

旦那は3人目を望んでるわけではありませんが、避妊を徹底するわけではありません。

私がコンドームを用意することもできるかもしれませんが、着けるか着けないかは男性の避妊に対する意識次第だと思います。

旦那はそういう意識は低いと感じ、私が避妊することにしました。

 

ピルは子宮頸癌のリスク、月経前症候群の症状を和らげ、更年期にも効果があると言います。

ですが、乳がんリスク、血栓症リスクは高まるようです。

何にでもメリットとデメリットはあります。

低容量ピルで3ヶ月生理がコントロールできなかったのと、病院の血液検査をする看護師さんの注射使いが下手でピルをやめました。

生理痛もなかったし、避妊できるメリットは大きかったですが、40歳超えた時に「もう妊娠しないでしょ」と毎日の服用や、通院も面倒になってやめてしまいました。

 

今回の妊娠時、ピル は飲んでなかったけど、排卵検査薬を使い、排卵日ではないことを確認しました。

中に出してもいないけど、妊娠するときは妊娠するんです。

排卵と受精が完璧な状態だったら、もしかしたら妊娠は継続してたかもしれないとも思います。

 

妊娠を知ったとき、すごく戸惑ったし一旦は中絶も考えました。

でも、やっぱり自分の子を殺すことなんて出来ないと思いました。

旦那に妊娠を告げたとき、喜びよりも驚きが先で、その後は困惑してる様子で、その反応もショックでした。

自分は中絶を考えたのに、旦那の反応を非難するのはおかしな話ですが、こんな時に「お前の思ったようにしろ。お前の体のことなんだし」なんて言われたら、優しさからの言葉とは到底思えなかったでしょう。

旦那は「産むべきだ」と言って、赤ちゃんが生まれてくるのを楽しみにしてくれました。

男の人だって、予期せぬ妊娠にどうしていいかわからなくなると思います。

歳のことや、経済的なことも考えると思うけど、「なんとかなるよ」という言葉をかけてくれたことに頼もしさを感じました。

 

40代の妊娠だけではなく、いろんな状況下で、妊娠を望んでないのに妊娠してしまう妻もいると思います。

産んだ方がいいのか、産まない方がいいのか、迷った末に産まない決断をされる方もいます。

私は産まないと後悔すると思ったので、流産してしまったけど 産む決断をしました。

流産を決意した方の中には、旦那さんにレイプのよう形で妊娠してしまった方もいます。(ネット情報)

どんな場合でも手術をして体と心に傷が残るのは女性の方です。

男性は女性が思ってる以上に、避妊に対して意識が低いと思います。

なので、女性自身が傷つかないために、避妊をちゃんと考えるのは大事だと思いました。

旦那さんがDV傾向がある場合はより一層、妻のことを考えてないでしょう。

『こんなこともあるかもしれない』と予測し、相手に避妊を望むのではなく、自分自身が避妊意識を高めなくてはいけないと思います。

 

こんな記事を書いても、おそらく誰にも響かないんです。

私自身、友達のKが妊娠し流産を経験したのに、自分はもう妊娠しないと思い込んでました。

もっと、友達の話を自分のことのように聞いていれば、妊娠することもなかったかもしれません。

私は妊娠しても産める環境にいます。

高齢出産の子供の障害も気になったけど、子供を授かったかもしれないと思った時にどんな子であっても育てる覚悟ができました。

次、妊娠したら何も悩むことなく、妊娠を喜べるでしょう。

ですが、今回自分が妊娠したと知って出てきた感情が最低なものでした。

 

生理があるうちは妊娠できると思ってる方も多いでしょうけど、実際は生理終了の10年前は排卵しなくなるそうです。

生理の終了期間は予測できないので、40代でも50歳でも自然妊娠する可能性はあります。

妊娠するのは女性だけど、妊娠させるのは男性です。

妻であっても、40代での妊娠は手放しで喜べる心境にはなれませんでした。

 

妻が「中絶を考えてる」と言った時、同意しないことが正解。

確実にこの時の言葉で、今後の夫婦のあり方が決まると思います。

腹を決めてる妻は何も言わず、自分で対処するから。