スポンサーリンク

【オザークへようこそ】シーズン3を観たネタバレ感想 マーティを救ったのはFBI捜査官のマヤ!?

オザークへようこそ シーズン3 ネタバレ 感想

こんにちは!たまもっさんです。

オザークへようこそシーズン3を見終えました!

ラストが衝撃だと聞いてましたが、ラスト行くまでも衝撃シーンがちょくちょくあるシーズンでした。

カジノ建設したら資金洗浄しやすくなるはずだったのに、いろんな問題がのしかかってくる。

そうこなくちゃドラマは面白くないよね!

【オザークへようこそ】シーズン2を観たネタバレ感想はこちら>> 

umidoranichiria.hatenablog.com

 

スポンサーリンク
 

 

シーズン3でも新キャラが続々投入されました。

ウェンディの弟ベン、麻薬カルテルのトップナバロ、フランクの息子、FBI捜査官マヤ、カウンセラーのスーなどなど。

今シーズン、とくに引っ掻き回してくれたのはベンですね。

序盤はマーティとウェンディの夫婦間対立があったけど、いろんな問題を共有することで、最後には絆が深まったようでした。

シーズンが進むごとに残虐なシーンが多くなっているけど、それだけではなく家族愛

を観ることもでき共感しました。

マーティとナバロ

オザークへようこそ シーズン3 ネタバレ 感想

ついに麻薬カルテルのボス、ナバロが登場!

カジノホテル建設の案を聞いたナバロが、ウェンディとコンタクトをとった。

カジノホテルを作るとナバロとの関係がズブズブになるのを恐れたたマーティは猛反対。 

ウェンディのカジノホテル建設理由を聞いてると、守られる武器として有効だと思うんですけどね。

マーティが反対することに最初、理解できなかったです。

でも、マーティが拉致られた時にわかったね。

ナバロはとんでもない男だから、深く関わらなおい方がいいとマーティは思ったのではないでしょうか。

 

ナバロがなぜマーティを拉致する必要があったのかは疑問。

必要ない方を殺す気だったら、手下にマーティを殺すよう命じればいいのに、殺す前に一度会ってみたかったのかな?

ここで、マーティが命拾いしたのは口座の凍結を解いたからでした。

コレをみ見た時に『マーティやるな!』と思いました。

自分を生かしておく理由を事前に作ってたんだな〜って。

 

うちの旦那は外資系勤務です。

外資系会社の話聞いてると、日本の会社以上に実力主義なとこあって、結果出せないと辞めざるを得えない環境に追いやられたりすることもあるみたい。

私が働いてるわけじゃないから詳しくはわからないけど、何かしらその会社に貢献できるものがないと首になる可能性もある。

マーティもアメリカ人だから、そんな会社形態が身についていて、自分の切り札を用意したのかなぁと思いました。

ところが、その後第9話を観てこの手腕がマーティが仕組んだことじゃないとわかりました。

 

スポンサーリンク
 

FBIマヤが命の恩人

シーズン3第9話でマヤがマーティにこんなことを言います。

「I should'ev never flagged that account.

Maybe you should be in a cell in Mexico. 」

私が口座にフラグを立ててなかったら、多分あなたまだメキシコの独房にいるはずよ。

と、言うんですが、日本語の字幕では『多分あなたまだメキシコの独房にいるはずよ』のところを訳してないんです。

 

これはマヤが、マーティなら口座の凍結を解除できると見込んで仕掛けたものなのかなって。

みんな「マーティは隣の街に出張だよ〜」と言ってたけど、マヤはナバロのとこに連れて行かれたと気づいたのでしょう。

まだ帰って来ない様子を見て、帰れるような策を投じたんだと思いました。

 

マヤとは相互関係を築けるかもしれないですね。

ただ、マヤは正義感が強すぎる。

マーティを生かすためだけに自分の信念は曲げなさそう。

異性だから色恋沙汰になれば簡単かもしれないけど、妊婦さんだし、お堅いしどうなることでしょう。

でも、ペティよりだいぶマシですね。

ベンとウェンディ

オザークへようこそ シーズン3 ネタバレ 感想

ウェンディの弟がオザークに来た!

うまく行くはずの計画が、ベンによって全て崩されていく。

これ、弟じゃなかったら即抹殺なんだけど、肉親関係だから辛いのよね〜。

 

私にもダメダメな弟がいます。金に無頓着な借金男です。

その借金を親が肩代わりするのずーっと見てきました。

ひどいと思われるかもしれないけど、親に「勘当しなよ」と何度言ったかわかりません。

ホント、腹立つんだけど弟だからそれでも心配だし、やっぱり気になるんです。

幸せになってほしいとも願いますが、幸せになるための行動をしようとしない。

何度言ってもわかってもらえず、煙たがられるだけ。

弟にはこの言葉が届かないので、無意味だと判断し今は何も言ってません。

 

ウェンディも今までのベンの行動を知ってるから「薬を止めるな」と言ってましたし。

でも、恋するベンには姉のそんな思いも伝わらない。

ウェンディが病院に入れるのを拒んでいても、事件が起きちゃえばそれを阻止することもできない。

病院に入れられたのは事実だから、ウェンディが力を貸してくれなかったんだと思い込んでしまう。

薬飲んでないから余計に思考が偏ってしまいます。

 

最終的にウェンディが手を下すことになったけど、このままでは自分たち家族の命が危なくなる。

弟を殺せるなんてウェンディはやっぱり冷酷だ!と思う人がいるかもしれないけど、私はその苦渋の決断がわかる気がする。

結婚すると、一番大事なものが変わります。

育ててもらった親より、自分が守らなくてはいけない今の家族が一番大事になります。

もちろん、親も兄弟も大事だけど、どちらかしか守れないなら今の家族を守ります。

 

ウェンディもそうしました。

自分の決断に後悔はないけど、やっぱり苦しいものです。

ウェンディが酒浸りになってしまうのもよくわかります。

そこで、我に帰ったのはスーパーで出会った男の子の存在。

自分の家族を守るためにしたことなんだから、しっかりしなくちゃと目が覚めたのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

マーティとウェンディ

オザークへようこそ シーズン3 ネタバレ 感想

2人の夫婦関係は破綻してる。

だけど、資金洗浄に関わってしまったため、無理やり力を合わせることになったような夫婦でした。

カウンセリングに通うあたり、まだ修復を望んでいたのかなと思います。

 

2人の間にたくさんの問題が振りかぶって、スーの前で秘密を暴露したり、酷い暴言を履いた2人。

その言葉に怒ったウェンディは、マーティと別居という形を取りました。

「感情を表に出すのはいい兆候よ」とスーも言ってたけど、雨降って地固まりましたね。

 

憎む部分があったり、嫌な部分があっても、何年も夫婦やってると情は募るものです。

好きではないけど、死にそうになったらやっぱり心配しちゃいます。

それは罪悪感を抱きたくないからかもしれません。

どっちの感情かはわからないけど、マーティがナバロに拉致られて帰って来ない時は気になってしょうがなかったウェンディ。

 

弟のことで問題を抱えてた時に、ウェンディの気持ちを理解してくれたマーティを見て、夫婦は何かしらの局面に立った時に絆が強くなるものなんだと思いました。

ベンのことで混乱してるウェンディに何度も「I love you」と言ってたマーティ。

この言葉をかけるのは心底、ウェンディを守ってあげたいと思ったからだと思います。

ウェンディがした行動は、家族のためだからしょうがないと理解してる。

2人が家族を大切にしてる思いが伝わってきました。

 

でも、これからも意見が合わず対立することもあると思いますよ。

それが夫婦なんです。

歪みあう時もある、罵ることもある、なんだけど何かのきっかけでかけがいのない存在だと気づくこともある。

その繰り返しなんです。

結婚ってめんどくさいよね〜。

 

スポンサーリンク

 

【オザークへようこそ】シーズン3を観た感想

オザークへようこそ シーズン3 ネタバレ 感想

使えないものは切り捨て主義のナバロ。

マーティもウェンディも切り捨てられることなく行きにびることができました。

 

プライベートジェットでメキシコに向かう時は、マーティたちがハラハラしてて、ヘレンの方が堂々としてました。

オザークへようこそ シーズン3 ネタバレ 感想

自分は大丈夫!と思ってたヘレンが殺されるなんてね・・・

一瞬で殺してくれたから、恐ろしさはマシでしょう。

ナバロもちょっといいとこありますね。

 

ナバロが今一番恐れてるのは対立してる麻薬カルテルだし、これを解決できるのは大きいです。

まじで、ジョナでかした!

そう思ったらこれ、ベンの手柄でもあるね。

 

そのジョナですが、ベンを殺したのがウェンディだと知ったらどうなっちゃうんでしょう。

オザークへようこそ シーズン3 ネタバレ 感想

ヘレンが殺したのだと思って銃をむけてました。

ヘレンがウェンディの仕業だと言ったし、いつか知らせる時が来そう。

シャーロットの家出は簡単に阻止できたけど、ジョナは一筋縄ではいかなさそうですよ〜。

 

今後、マーティたちを苦しめそうなのはダーリーン&ルースですかね。

ルースは愛情に飢えてると思うんです。

父親もあんなんだったし、自分のために何かしてもらう経験が乏しいため、マーティーたちがジュニアへ報復しなかったことに『自分の存在価値はこんなもんなんだ』とガッカリしてました。

ルースが言うように、シャーロットが同じ目に遭ったらこんな穏便に済まさないよね。

マーティはともかく、ウェンディはしっかり敵討ちをするでしょう。

マーティたちは、他の人たちと違うと信頼してたルースだけど、そうじゃないと思いしり目の敵にするでしょうね。

そんなルースの傷心中にダーリーンはやってくれた!

オザークへようこそ シーズン3 ネタバレ 感想

ジュニアのジュニアを一撃。

「ルース、あなたは私の家族も同然よ。わしゃ〜やったったで〜!」と、言ってきたら「はい!ついていきます」てなるよな〜。

ダーリーンはめちゃくちゃだけど、味方には親身になってくれる。

心強い姉御肌だけど、共倒れが怖い。。。

 

え?ワイアットとダーリーン?

そこ、掘り下げる必要ある?

ないよね。好きにやってください。

 

いかなる時も平和的に解決しようとするマーティですが、シーズン4では周りの人たちにそまっちゃうのかな?

このまま、マーティらしさを貫いて欲しいです。