スポンサーリンク

新型コロナウイルスも気になるが言ってはいけない『D』を連発する岡田晴恵さんがもっと気になる

みなさん、風邪はひいてないですか?

インフルにはかかってないですか?

まさか…コロナにはかかってないですよね。。。

 

テレビをつけると毎日、新型コロナウィルスの話題ばかり。

死亡率は低いと言っても、ウイルスは今後どう変化していくかわからないし、新しいウイルスは全貌がわからなくて不安ですよね。

 

飛沫感染だ!

空気感染だ!

とか。

 

ウイルスは高温に弱いから暖かくなるとおさまってくる!

いやいや、新型コロナは高温でパワーが増す!

とか。

 

いろんな情報が錯綜していて、何を信じたらいいかわかりません。

私はとりあえず体力作りと手洗いうがいは頑張ってます。

今かかったら「お前の母ちゃんコロナ!」って子供達がいじめられそうですからね。

 

そんな、新型コロナの情報もめっちゃ気になるんだけど、それよりももっと気になるのが岡田晴恵さん

岡田晴恵さんのDが気になるんだーー!!

岡田晴恵さんの『D』

ウイルス研究員の岡田晴恵(おかだ はるえ)さん。

新型コロナウイルス  岡田晴恵

 

朝、リビングでアブローラーをコロコロしてる時に、大概ついてるのが羽鳥さんのモーニングショー。(ちなみに私にはチャンネル権がほぼありません)

テレビを聞き流しながらコロコロしてると、「ですから〜」の連呼が耳に入ってきてムカムカしてくる。

テレビ画面を見てみると、そこには艶っとコロンとした50代くらいのおばさまが熱弁を奮っていた。

そう、この方が岡田晴恵さん。

岡田晴恵さんはとにかく、話はじめに「ですから〜」「以前も申しましたように〜」と、ネガティブワードをつけるのだ。

こういう言葉を「D言葉」と言い、人の心象を悪くするんです。

「だって」「でも」「だから」「ですから」と、言葉の話しはじめに言ってしまうと、いくら後に続く言葉が良い事でも、人に嫌な印象を与えてしまうそうです。

 

私も「でも」とよく使ってしまいます。

何事にもデメリットとメリットがあって、その状態を一度に話そうとすると、「でも」が接続する言葉にしっくりくるんですよね。

 

『人のふり見て我がふり直せ』とはよく言ったもので、岡田晴恵さんのD言葉を聞いて、こんなに人をムカムカさせてるんだと身に染みました。

 

スポンサーリンク
 

 女子が使うべきセクシー『D』

だけどね、D言葉ってセクシーなDもありますよね。

例えば…

 

 大好き♡

セクシーというか王道よね

 

・・・ダメぇ

女は勿体ぶるのが遺伝子にインプットされてる

 

どうしてほしい?

S女系は言う言う!

 

抱いてくれたらいいのにぃ〜

工藤静香しか言わないか。

 

どんだけ〜!!

自尊心くすぐるんじゃね?

 

こんなD言葉なら印象悪くないよね!ね!

ホント言葉は大切。

言葉の演出次第で盛り上がりも、盛り下がりもします。

D言葉に反して、印象を良くする言葉が『さしすせそ言葉』

 

さ さすが!

し 知らなかった!

す すごい!

せ せ?せ?なんだ?セレブ!

そ そうなんだ!

 

人と円滑な関係を作るなら、DではなくSを使いましょう!

みなさん、言葉とウイルスには気をつけてください^_^