Tバッグ

とにもかくにも雑記ブログ!

スポンサーリンク

これってコロナ疲れ?あまり人を羨ましいと思った事のない私が今猛烈に旦那と娘たちを羨ましいと思っている話

モラハラ 旦那

もうこの話題出すのも嫌なのですが、コロナがらみの話です。

コロナの影響でいつも通りの生活を送れてません。

1ヶ月以上子供たちはずっと家にいるし、旦那も出張、出勤を自粛し家にいる。

休日でもどこにも出かける事なく、行くとこといえば近所のスーパーくらい。

専業主婦の日常なんてこんなものです。

ワーママに「毎日何してるの暇じゃない?」とよく言われます。

専業主婦の醍醐味は時間を有意義に使える事。

我が家の娘たちはまだ小学生なので、有意義とまではいかないけど、予定がなければランチは行きたい放題。

お昼から海外ドラマ見たり、延々とラインチャットだってできる。

ブログを書いてはいるけど、絶対に書かないといけないというわけでもない。

時間制限はあっても、その時間以内なら何をしても自由なんです。

 

逆に家族が休みの時が専業主婦の繁忙期。

夏休みは1ヶ月以上あるので、毎年気が狂いそうになってます。

実際、数年前までは9月になると夏休みブルーに入り、気持ちが浮かなかったりもしてました。

夏バテがここでどっとくるのも原因の一つだと思い、運動をするようになったら改善されましたけど。

 

今の状況というのは、専業主婦からしたら魔の長期休みが不意にやってきた感じ。

それでも今まで、気持ちを保てたのは実家帰省という、年に一度の大イベントを控えてたからです。

このゴールデン期間は親に甘えまくって、自由にしたい放題。

とっても楽しみな年間行事なのに、コロナ自粛することにしました。

 

命か自由かなら命を優先するのが当たり前。

私自身はコロナに対してそこまでの恐怖心はなく、かかる時はスーパーに行ってるだけでもかかるだろうし、実家に帰省してもかからないこともあると思ってます。

推測しかできず、絶対はないので、予防と免疫高めるよう努めてはいます。

そう思いながらも辞めたのは、行ってかかった時に「自粛しないからだよね」と言われることが嫌なのです。

この間、読んだブログでは「人の目を気にしてるのではなく、自分自身かかりたくないから自粛してる人の方が多いでしょ」と書いてました。

たしかに、かかるのは嫌です。

人に何を言われようと、かからないのなら外に出たい。

人の目は怖くないけど、自粛しててかかるのと、実家に帰ってかかったとでは、旦那の態度が大きく変わることを予測して帰らないことにしました。

 

スポンサーリンク
 

今猛烈に旦那と娘たちが羨ましい

モラハラ 旦那

旦那はモラハラです。

モラハラ旦那と生活できているのは、自分自身のストレス発散法を見つけたからです。

モラハラと言っても、機嫌がいいと優しいんです。

まあ、これってDV男の典型ですけどね。

楽しみにしてた大イベントは中止、どこにも行く予定もない。なんの楽しみもない。

それは、旦那も娘たちも一緒です。

 

3人は普段からスーパーさえ行きません。

子供たちの習い事もお休みになったとこもあり、長女は1週間以上家の敷地内から出てません。

次女の習い事はお休みになってないので、次女はまだ家から出る機会があります。

それでも、苦じゃないこの3人。

私以外は超インドア派で、家にいるのが大好き。

別で書いてる旅ブログを見ると、旅好きのイメージがあるかでしょうけど、私が行きたいから着いてきてもらってる感じです。

インドア派なので、別の土地に行ってもホテルに籠る過ごし方。

4人のニーズが満たされる外出がホテルステイなのです。

 

外出禁止令が出ても、3人は何も苦ではないでしょう。

楽しそうにスイッチをしてます。

私は子供の頃ファミコンを1時間やり続け、翌日目が開かないくらい目が痛くなったことがありゲームが苦手です。

それでも子供たちに「お母さんも一緒にスマブラやろ!」と言われ、付き合うのですが、たった20分しただけでも腕が痛くなります。

 

ゲームをさせるのは嫌。

だけど、子供たちが一番興味あることがゲームで、家庭学習を進める対価としてゲームの時間を伸ばしてます。

一番ほしいことをご褒美にするのが効果的。

自分の気持ちを我慢し、ゲームを毎日させることも気分が良いものではないのです。

 

スポンサーリンク
 

私はイタリア人

モラハラ 旦那

そんなこんなで落ち気味の時に、私の習い事の教室からラインが入りました。

『4月から開催予定だったけど、5月に延期します。もしかしたらその後も延期するかもしれません』というものでした。

やっぱり、みんな自粛してるな〜と思い、旦那に何気なく「教室も4月中止だって」なんて、普通のテンションで呟いただけなのに、こう言われました。

「自粛しないのはお前とイタリア人くらいだ」

 

モラハラ夫は常に嫌味を交えて話します。

彼にとっては、傷つけるつもりはないブラックジョークなんだと思うようにしたけど、自分に余裕がない時は消化できないのです。

思わず私はぶちぎれてしまいました。

「自粛してない?京都帰るのも辞めたし、歯医者の定期検診も行ってない。私は自粛してあなたみたいに美容院に行ってない!!」と。

 

専業主婦の弱みは、これをしなくてはいけない!ってのがないんですよね。

働いてると、『身嗜みのために美容院に行かなきゃいけない』という名目がある。

『どうしても行かなきゃいけないお客さんのところだから』と外出だって外泊もできる。

とはいえ、インドア派の旦那からしたら本当に出たくないのかもしれないです。

だけど、どう見ても髪の毛まだいけるやんって状態でした。

 

ストレス耐性が弱いと言われたらそれまでです。

決して強い方ではないけど、せめてインドア派だったらこの状況が楽だっただろうな〜と強く感じるのです。

そして、不幸にも私以外みんなインドア派。

私の苦悩なんて誰も気付いてくれません。

 

旦那と喧嘩すると長引く。

大声を出したのは悪いと思ってるし、家にいなくてはいけないし、すぐに謝り仲直りを懇願しました。

「悪いと思ってないだろ。口だけの謝罪はいらない」と却下。

「イタリア人だと言ったことはキレて当然」という気持ちまで訂正させたいようです。イタリア人の方々すみません。イタリア行ったことないけど、大好きです。

 

スポンサーリンク
 

コロナ離婚に深く納得

モラハラ 旦那

『コロナで離婚』

なんてニュースを耳にしました。

何それ!と笑ったけど、その詳細を知って深く頷きました。

 

一緒にいる時間が長いと、お互いの嫌な部分が見えて一緒に居たくなくなるというもの。

このことは数年前から認識してました。

旦那が出張に行ってる時の方が、心穏やかに過ごせ、優しくもなれます。

モラハラ発言にも『ストレス溜まってるのね、発散したらいいわよ。その代わり"うしろろめたいこと"してこっちは発散するから』と思ってました。

『うしろめたい』って言っても大したことしてないんですけどね。

 

 3年以上前、こんな記事を書きました。

www.h163932.xyz

この時は『うしろめたい』がよくわからなかったし『うしろめたいこと』をしなくても旦那を癒してあげれば上手く行くと思ってました。

実際、関係は良好でした。

その後、こっちが下手に出てたら旦那が調子こきはじめて、何もかも制限するようになりました。

私は爆発し、一人旅を強行したり自由を求め出します。

 

www.h163932.xyz

 

なんやかんや、泥臭い経験を経て今辿り着いたのは

  • 男なんてさほど変わらない
  • 子供たちのためにも離婚はしない
  • モラハラ旦那の扱い方があると気づく
  • 自分を保つために『うしろめたい』事をする

が、おまかな事かな。

 

そうやって保っては来たけど、自分の精神状況が弱ってる時は、人の気持ちを理解しての行動より、自分の気持ちが前面に出てしまいました。

でも、今更ながら気づけたこともあります。

 

旦那と上手く行くのは私の気持ちが安定してる時だけ。

私が助けを求めてる時に、助けてくれる人ではないんだと。

 

モラハラ夫の特徴は共感性のなさもあります。

ストレス耐性が強い人も多く、人が落ち込んでいても「弱い人間」の一言で片付けます。

弱ってる時こそ優しい言葉がほしいものです。

たった一言、「キツイよね」と共感してくれるだけで救われるのに、そんな一言に気づくこともなければ、「そんなこと言ったら甘やかすだけだ」と、言うわけもありません。

期待してしまった私がアホなんです。

 

家にいなきゃいけないのに居心地が悪く、行き詰まってました。

今は子供たちのおかげで元気になってはいます。

子供ってホントいいですよ〜!

 

私は子供に元気をもらってばかりで、子供に心配かけてばかり。

こんな親じゃダメだな。。。とまたまた落ち込む部分なのですが・・・

小学校1年生の次女が「なんでお父さんはお母さんに冷たいの?」と言うくらい、家の雰囲気はピリピリしてる。

「モラハラだからだよ」と次女に言いたいのをグッと堪え「お腹が空いてる時、眠い時に機嫌悪くなる事あるよね。それでも友達にはいい顔しなきゃいけないと思うけど、お母さんになら、そのままの気持ち出せるでしょ?それくらい気持ちを許してるからできるんだよ」と教え、「だけど、やられてる方はすごく嫌な気持ちになるから、やっていいわけではなんだよ」と付け足しました。

我が子はこんな家庭環境で育ったから、人の顔色を見るのが得意になってるかもしれません。

 

話は戻りますが、コロナ離婚する人の気持ちもわかるけど、うちの旦那は娘たちには優しいので離婚はしない。

この状況があったからこそ、気づけた部分もある。

今後の在り方の道標になりました。

 

スポンサーリンク
 

まとめるに

話があっちこっち行ったお見苦しい文章ですみません。

ハッキリ言って、コロナのストレスを発散するための愚痴です(゚∀゚)

 

家から出てないと言っても、明日の生活の心配をするくらい困ってるわけでもない。

親族や身近な人がコロナで重症、または死亡したわけでもない。

最悪な事態を考えたら、私はとても幸せに暮らしてます。

 

幸せって上を見ればキリないし、下を見てもキリがない。

こういう時こそ、ささやかでも幸せになる事を見つけて乗り切るしかないですね!

 

『うしろめたいこと』は今も続行中です。

旦那の大好物の豚汁を全く作ってないです( *´艸`)

 

ささやかな幸せは今日マスクが届くことです!

マスク入荷情報!

この間、紹介したマスクは予定日に届かなかった。

www.h163932.xyz

ショップに問い合わせたら、発送はしたけどコロナで配送が遅れてるってもっともらしい言い訳をしてきました。

まだ届いてないしキャンセルしようと思います。

 

やっぱ、安心なのは国内発送だよね!


 

日曜に購入して、火曜日に届く素早さ。

土、日、祝が休業だから火曜になったけど、営業日に注文したらすぐ届くのではないでしょうか。

 

ジャン!!

マスク 入荷 情報 4月

ちゃんと箱に入って届きましたが、「箱にウイルスがついてるかもしれない、ゴム手袋してすぐに捨てろ!」と言われ、箱を捨てたので中身だけです。

 

マスクが家にないのも「なぜもっと買わなかった」と責められてたので、一つ肩の荷が降りそうです。

このマスク来なかったら「Twitterとかで情報収集して並べ」と言われてましたからね。

 

最後まで、こんな愚痴にお付き合いいただき有り難うございました(*'▽'*)

暇なので、もうちょっとブログの更新頻度を上げようかと思いつつも、こんなネタ誰が見る?と自分ツッコミしだすと書けない。

これがブログ歴4年目のジレンマですかねww