スポンサーリンク

【ハンドメイズ・テイル 侍女の物語】シーズン2第9話を見たネタバレ感想 引きこもり注意報発令、ヤバイほど面白い!なぜ日本で話題になってないのか不思議

ハンドメイズ・テイル 侍女の物語 シーズン2第9話 あらすじ ネタバレ 感想

シーズン1から面白いと思ってましたが、シーズン2第9話は最骨頂です!

いろんな要素が詰まってて、登場人物の心理描写や揺れ動く気持ちがふんだんに盛り込まれてる。

キャビアとフォアグラとトリュフが乗っかったA5ランクの神戸牛を食べてるような感覚。

う〜ん、この表現はいまいちかな。

そもそも、三大珍味はフォアグラ以外好きじゃない。

A5ランクもサシが多すぎて胸焼けしてしまう。

友達とランチに行くのが生き甲斐の私が、ランチのお誘いそっちのけで家にこもってハンドメイズ・テイルを見ています。

この表現もいまいちだな〜。

とにかく!!家を出たくなくなるほど、テレビと心中していいほど面白い!!

 

【ハンドメイズ・テイル 侍女の物語】シーズン2第8話の感想はこちら

umidoranichiria.hatenablog.com

あらすじ

ウォーターフォード夫妻は外交交渉のためカナダへ行く。

護衛としてニックも同行することになる。

ニックはルークに接触し、ジューンが元気にしていることや妊娠していることを告げ、ギレアドで差別的扱いを受けてる女性たちの手紙を渡す。

ルーク、モイラ、エリンはその手紙をネットで公開。

これが元となり、カナダ政府はギレアドとの外交交渉を打ち切る。

一方、オブフレッドは自分が家を出た後に子供を守ってくれるよう、リタとリディアに頼む。

帰国したニックはオブフレッドにルークとモイラの近況を伝える。

 

スポンサーリンク

 

フレッドたちカナダへ

ハンドメイズ・テイル 侍女の物語 シーズン2第9話 あらすじ ネタバレ 感想

あのテロが元でカナダとの外交交渉が進むこととなる。

その代表としてフレッド夫妻が行くことに。

カナダにはギレアドから亡命してきた人たちや家族がギレアドの犠牲になってる人たちもたくさんいる。

 

ここでルークがフレッド、セリーナ、ニックと初対面する。

ルークがジューンとハンナの映った写真を見せたことから、ジューンの旦那だと察した三人。

セリーナとニックは動揺を隠せない表情だったけど、フレッドは微動だにしない。

 

ギレアドという国が出来て3年くらいしか経ってないのに、ギレアドにしっかり染まってるフレッドが恐ろしい。

セリーナとオブフレッドの友情は勘違い?

セリーナがオブフレッドにこう話す。

「子供が産まれたらすぐに家を出て行って」

 

あれ?秘密の代行作業で仲良くなったんじゃなかったの?

その後、セリーナがこう続ける。

「こんな家にいたくないでしょ?」

 

産後すぐに出て行けと言ったのはオブフレッドのためなのか?

気遣って言ってるのか?

赤ちゃんに初乳を飲ませるのはこれからの健康にも影響すること。

母乳が出るなら最初のうちだけでも母乳で育てて欲しいけどねー。

 

それを聞いたオブフレットはリタやリディアおばに、自分がいなくなった後、産まれた子供を頼むとお願いしてました。

 

オブフレッドの心配はフレッド?

女性に暴力を振るう人は子供にも振るうと言ってた。

フレッドの鞭打ちはお仕置きではなくDVの始まりなのか?

 

リディアおばはその話を聞き「子供は必ず守る」と約束してくれた。

リディアおばが言うなら間違いないね!

初乳が大事なのもリディアおばは知ってるから、最初のうちだけはオブフレッドを居させてとセリーナを説得しそう。

セリーナ、カナダにて

ハンドメイズ・テイル 侍女の物語 シーズン2第9話 あらすじ ネタバレ 感想

セリーナはカナダに行きたくなかった。

フレッドから暴力を受けてギクシャクしてるのもあるし、カナダに行ったらカナダ国民に歓迎されない事もわかってたのだろう。

だが、フレッドに外交のだしに使われる形で連れていかれた。

 

カナダに行ってセリーナが見た風景はかつての自由な国、アメリカ。

女性たちが思い思いのファッションに身を包み、楽しそうに談笑しながら歩いてる。

カップルが路上チューをしていたり、ホームレスもいる。

 

ギレアドは自由はないけど、人たちの役割が当てはめられてるのでホームレスはいない。

侍女の中には前の生活よりギレアドの方がいいという女性もいた。

その女性は娼婦だった。

明日の食べ物や寝場所を心配し、好きでもない男の前で股を開く。

アメリカでの生活より、衣食住が確保されたギレアドの方が幸せと言ってた。

最低限の生活をできない人からしたら生きる環境が備わってるだけで幸せなのかもしれない。。。

 

バーに1人で行った際にマークというアメリカ政府関係者の男に出会う。

最初はナンパかと思ったけど、マークはセリーナのことしっかりリサーチ済み。

亡命を手伝うとほのめかす。

 

セリーナ揺れたと思うよ〜。

自由を知ってる人だし、本当は家で編み物したりガーデニングをせっせとするタイプじゃないもん。

しかも亡命先はハワイっていうじゃない。

雪降るギレアドで青い夫人服着るより、常夏の島ハワイでムームー着たいはずよ。

アラモアナショッピングセンターで久しぶりにブランド物も買い漁りたいわよね!?

 

セリーナは「私が国を裏切るわけないでしょ」とあしらうが、マークと次会ったらアウトかも。

 

スポンサーリンク

 

ニックとルーク

ついに!ついに!!ニックとルークがご対面!!!

この三角関係どうなる?

ハンドメイズ・テイル 侍女の物語 シーズン2第9話 あらすじ ネタバレ 感想

ジューンが娼婦をさせられてると聞きやけ酒ナイト

 

最初はニックを敵対視し、話も聞こうとしないルーク。

ニックが「僕はジューンの友達です」と言ったことから会話を交わすことに。

 

ジューンが元気なことを伝え、フレッドの子供を妊娠してることも伝える。(本当はニックの子だけど)

それを聞いたルークは「おぅおぅ〜。ガーーーーッド!!ファッキンモンスター!!」と泣き崩れる。

自分の嫁が他の男に犯され、その子供を産まなきゃいけないって想像を絶する出来事だよね。

 

そんなルークを見つめ、ニックは手紙の束を渡す。

そう、あのメーデーの革命で使われるはずのギレアド女性たちの手紙です。

 

別れ際にルークがニックに伝言を頼む。

「ジューンを頼む、そして愛してると必ず伝えてくれ」

ニックは「わかった」と返事する。

 

ニックは本当にルークの伝言を伝えるのでしょうか?

この伝言の役目は相当辛いです。

愛してる人に他の男が、しかも旦那が「愛してると言ってた」と伝えなきゃいけないのは相当酷。

人間性が試されますね。

ペンは剣よりも強し

ニックから預かった手紙を持ってモイラやエリンの待つ家に帰ったルーク。

あのメーデーの小包の中身が手紙だったことに激怒するモイラ。

「爆弾かと思ったらただの手紙?爆弾じゃないの?命がけで運んだのに、こんなんじゃ何もできない」

と言ったが、エリンは「これ使えるよ」と言う。

 

爆弾では人をふっとばすことはできても、人の心を動かすことはできない。

ギレアドで虐げられてる人の心の叫びが詰まった手紙は爆弾よりも大きな威力を発揮しました。

ネット社会の素晴らしさでもあり、恐ろしさでもありますね。

一般人でも一撃で世界に発信することができる。

この手紙をネット公開したことで、抗議デモが起こりギレアドとカナダの外交は交渉決裂。

 

フレッドたちが乗ってる車の前にモイラも立ちはだかりました。

ハンドメイズ・テイル 侍女の物語 シーズン2第9話 あらすじ ネタバレ 感想

私はルビーじゃない!モイラよ!!

ジューンとニック

家に戻ってきたフレッド夫妻とニック。

ニックは夜、ジューンに会いに行く。

 

まずはメーデーの手紙を渡したことを告げる。

ルークに渡し、それをルークたちが公開したことでギレアドの現実を世界に知らしめることになった。

まさに夫婦の共同作業ですね。

ジューンが手紙を受け取り、最終的にルークが役立ててくれた。

 

モイラが亡命したことも告げる。

ギレアドから抜け出すのは容易なことじゃない。

それをやってのけたモイラを『さすが!』と尊敬しつつ、一筋の希望の光が差し込む。

 

そしてそして・・・

ニックはルークの伝言を伝える。

ルークが愛してると言ってたと。

 

あ〜〜〜〜〜〜〜!!!!切ない!!!!!!

そしてニック、いい男!!

言えないよ、伝えられないよ、ジューンのこと自分だって愛してるのに。

 

そしてそして〜!

ニックも「愛してる」とジューンに伝え、額にキス。

だ〜か〜ら〜!!切ないってば〜〜〜!!

この口にぶちゅ〜って感じじゃなく、額なのがいいよね。

遠慮がちな、でも想いを伝えたい的な!ほっぺでも可!!

 

スポンサーリンク
 

ハンドメイズ・テイル 侍女の物語シーズン2第9話の感想

9話の冒頭では『コロニーにいないだけマシ』『息して生きてるだけマシ』と今の状況を最悪な状況よりはいいのだと自分に言い聞かせてたジューン。

だけど、ニックからモイラやルークの話を聞いて生きる希望を取り戻す。

「だから何?」と強気な表情を見せたジューン素敵でした〜!

リタやリディアおばに生まれてくる我が子を守ってもらおうと思ってたけど、自分で守っちゃうんじゃないでしょうかねぇ〜。

 

そして、ニックですよ〜!

ハンドメイズ・テイル史上、一番のいい男!!

『僕たち男の子〜♫』の時の郷ひろみみたいな顔してますが

ハンドメイズ・テイル 侍女の物語 シーズン2第9話 あらすじ ネタバレ 感想

内面めっちゃいい男!!

外見は濃すぎてタイプじゃないけど、あれだけ想ってくれて男気あったら惚れちゃいますよ〜♡

 

この先、ジューンはニックとどうなるんだろう。

ニックはジューンをギレアドから出したいだろうけど、出てしまったらルークの元に行ってしまうと不安じゃないんだろうか?

ニックくらいの男なら、自分の幸せよりジューンの幸せを一番に考えそう。

『ジューンが笑顔でいられたらそれでいい』 って顔で、はにかみ笑いなんてされたら、も〜!!切なすぎて…ぬぉぉぉーーー!!

 

最後の曲もよかったですね!

誰のなんていう曲なんだろう?

誰か知ってます?

ダウンロード決定だな!

 

【ハンドメイズ・テイル 侍女の物語】シーズン2第10話の感想はこちら

umidoranichiria.hatenablog.com

 

ハンドメイズ・テイルはhuluの独占放送 トライアル期間は無料で見れますよ!