Tバッグ

海外ドラマあり!ふるさと納税あり!グルメあり!の気になった事はなんでもネタにしちゃう雑記ブログです。

バチェラー・ジャパンシーズン2エピソード8を見た感想 みなさ〜ん!ハンカチ用意ですよ〜!!

スポンサーリンク

バチェラー・ジャパンシーズン2エピソード8を見た感想

いよいよ女性たちのご両親と対面のバチェラー。

リンタロがヒゲ剃ってるの!

おヒゲがあってもなくてもス♡テ♡キ♡

 

バチェラー・ジャパンシーズン2エピソード7の感想はこちら 

www.h163932.xyz

 

トップバッターは福良真莉果さん

バチェラー・ジャパンシーズン2エピソード8を見た感想

マリカさんの実家、北海道へ。

マリカさんのお母様はマリカさん以上にパワフルだとか。

ほんとにその通り!とっても明るく、打ち解けた空気をつくるのが上手な方。

あのマリカさんが普通に見えてしまうほど。

 

マリカさんが性格いいのも、お母様がどんな辛い思いをしても感謝の気持ちを忘れない方だからだよね。

マリカさんのお父さんも言ってたけど

「マリカは誤解されやすい」

 

そうなの!そうなの!!

マリカさんのように何も考えてねえんじゃねえの?ってほど底抜けに明るい人とか、若さまみたいに、強がって見せる人は実は考えなくてもいいことまで考えちゃうナイーブで繊細な人だと思うのよね。

 

それをちゃんと見抜いてるリンタロはホント素敵!!

スペック抜きにしても素敵だと思うよ。

稀に見るくらいのいい男だわ〜。

今回、前回のバチェラー・ジャパンより視聴率高いんじゃない???

あ、こんなこと言ったらアカンな。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

2番手は若尾綾香さん

バチェラー・ジャパンシーズン2エピソード8を見た感想

若さまの実家、山梨へ。

実家に行く前に若さま、母校を案内する。

 

なんかね、いつもより若さまが饒舌。

どんどんリンタロに心を開いてる証拠かしら。

あの若さまが「へへへへ」って笑ってたのよ。

ツンとした若さまより断然こっちの方が可愛い!!

 

そして実家に到着。

庭広っっっっ!!

 

若様の子供の頃のエピソード話で

「テストを頑張るとお父さんからお小遣いがもらえた」

という話が。

お父さんは合理的に物事を考えるそうです。

実はうちの旦那も娘たちに同じようなことをしてる。我が家の場合はピアノの練習。

合理的なのよ考えが。

若さまが頑張り屋なのもこの合理的子育てから来てるもの?

うちの娘たちも彼女のように頑張り屋さんになって欲しいものだわ。まあ、ほどほどにね。

 

リンタロもいつもの気を張った若さまではなく、不器用な可愛らしい姿も見れて好感度が高かったのでは?

私と同じ分析してたのも嬉しかったな〜。

彼女はストイックなほど頑張り屋さんで、決して性格の悪い子じゃない。

誤解はされやすいと思うけどね。

 

いや〜、リンタロと絶対話合うと思うんだけどな〜。

うちの旦那、サイバーエイジェントで働いてリンタロうちに連れてこないかなww

トマト料理作るわよ〜。

 

ここでは若さまのお兄様も登場。

お兄ちゃんが妹思いで良さそうなんだよね〜。

「綾香の素を出せ」とアドバイス。

素を出してダメなら諦めがつく。人生後悔がないように!だよね。

 

3番手は倉田茉美さん

バチェラー・ジャパンシーズン2エピソード8を見た感想

マミちゃんの実家、京都へ。

リンタロの生まれた場所でもあるところ。

リンタロがね、関西弁出ちゃってるの〜。

地元戻ると出ちゃうよね。そしてマミちゃんに心許してる証拠よね。

 

マミちゃんの家族のことは今まで語られなかったけど、複雑な家庭環境だったよう。

リンタロも言ってたけど、マミちゃんは乗り越える強さを持ってるのよね。

環境が人を作ると言っても過言じゃない。だけど同じ環境でも、どう捉えるかで人間性は変わってくるんじゃないかな。

マミちゃんのご家族は色々ありながらも仲がいいから、芯のある素敵な女性に育ったんだろうね。

 

倉田家ですが、お父さんがいい感じにダンディなのよ。わかりやすいダンディではなく、リリーフランキーとか斉藤和義系の色気を持つ男性。

若さまのお父さんはわかりやすいイケメンダンディだったけど、今回のバチェラー・ジャパンはアラフィフ男性の大人の魅力にクラクラしちまうぜ!

 

マミちゃんが軽いノリでズバっとしたことを言うけど、これは倉田家の女性の特性だろうか。

お姉さんも「失敗してもいいからマミ選びいさ〜」と推しまくる。

お祖母様も「あら、二人お似合いやね〜」とくっつけと言わんばかりの言葉をサクッと放つ。

 

これがプレッシャーとなるか?あまり言われすぎるとタジってなっちゃわない?

 

 

最後は小口那菜子さん

バチェラー・ジャパンシーズン2エピソード8を見た感想

ナナコの実家、長野へ。

 

リンタロがカメラだけのところで

「今日も可愛い、心地いい」と言った。

最終はナナコじゃないのかな。

人を好きになるのは理屈じゃないんだよね、本能なの。リンタロの本能はすっかりナナコに侵されてる。

 

ナナコも今回珍しく、自分の過去について語る。

バレエを長年やってたナナコ。リンタロもミュージカル?え?そんなのやってたの?

舞台経験があるらしく、人前でのパフォーマンス経験あり。

だから人を惹きつけるのか〜。

 

我が家の娘たちも、度胸をつけるためにダンスを習わせてた。

次女は今でも習ってる。

やめた長女は度胸がついたとも思えないし、パフォーマンスもうまいようには思えない。ただ、曲が流れたらどこでもリズムをとり体を揺らし出す。

ダンスを習わせてた意味はあるのかな。。。

 

そして、ナナコの実家へ。

お父さんはズケズケ言う性格らしいけど、まあ〜凄かったよ!

 

「モテるでしょ」

「追うタイプは怖い、独占欲が強くてすぐ飽きる」

おいおい、返しにくいわ〜。

リンタロの顔も曇る。

 

そんな感じだったけど、お父さんとリンタロ2ショットに。

お父さんの分析力が凄まじい!さすが接客業。

なんか、ここではすごく打ち解けたような雰囲気。

ナナコのお父さんみたいなタイプって辛口でハッキリ物言うから一見怖いけど、裏表なくていい人多い気するんだよね。

ナナコのお父さんオモロイやん!

 

 

最後はお父さんに「ではまた」と言われたリンタロ。

好感度高かったんじゃない?

ハッキリしてるお父さんは社交辞令なんて言わないでしょ。本当にまた会ってもいいと思うから出た言葉だと思う。

リンタロ、ナナコのお父さんに気に入られたようで良かったね!

 

そしてそして、ナナコの別れのハグの時もリンタロの本音が。

「離したくない」

だって。

ナナコで決まりにしか見えない。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

ローズセレモニー

バチェラー・ジャパンシーズン2エピソード8を見た感想

今回も1人落とされます。

過酷、過酷、超過酷!!

マミちゃんじゃないかな〜。マリカさんかな〜。

ナナコと若さまは絶対残るよ。

ナナコはエピソード9でも残るだろうね。

若さまは今から本当の彼女が見れそうなのに落とすわけがない。

 

ローズをもらえなかったのは・・・

f:id:h163932:20180602131631j:plain

マリカさん。

やっぱりそうか〜。

マミちゃんのご家族の援護射撃にビビってマミちゃんを選ばないのかもと思いましたが、プレッシャーに強そうなリンタロはそんなの気にしないよね。

 

マリカさんの脱落理由は

「母ちゃん要素が強かった」

素敵な家族を作ってくれそうだけど、やはりトキメキも大事よね。

いい家族を作ってくれそうかどうかは、お互いが作り上げていくものでもあるからね。

自分をドキドキさせてくれるかは作れるものではない。

理屈では説明できない相性的なものもあるよな〜。

 

今回のバチェラー・ジャパンは終始、涙が止まりませんでした。

リンタロのローズセレモニーでの男泣きにも共感し、4人の女性の家族がみなさんとても素敵で娘を愛してるんだなと思わせる情景にも涙。

 

親なるとさ〜、親の気持ちが痛いほどわかるのよ。

いや〜、素敵な家族でした。女性たちもみんな素敵だしね。納得です。

 

残る女性は3名

バチェラー・ジャパンシーズン2エピソード8を見た感想
バチェラー・ジャパンシーズン2エピソード8を見た感想
バチェラー・ジャパンシーズン2エピソード8を見た感想

左からマミちゃん、若さま、ナナコちゃん

ナナコが断然強そうだけど、誰が選ばれてもおかしくない。

 

お次はバチェラーのご両親に会う。

エピソード1でちょっと出てきたリンタロのお母様。

「選んだ女性を反対できないし、そんじょそこらの女性にはアピールして欲しくないですね」

とおっしゃってた。。。

ひょえ〜、怖い!!

かなりの厳しい目線でチェック入りそうですよ〜。

 

↓↓バチェラー・ジャパンシーズン1、シーズン2の感想記事はこちら↓↓

バチェラー・ジャパンカテゴリー

 

バチェラー・ジャパンシーズン2エピソード9の感想はこちら 

www.h163932.xyz

 

 

バチェラージャパンはAmazonプライムビデオで視聴できます!

無料視聴もできちゃうよ!

 

関連記事

www.h163932.xyz