Tバッグ

海外ドラマあり!ふるさと納税あり!グルメあり!の気になった事はなんでもネタにしちゃう雑記ブログです。

 

BANSHEE(バンシー)シーズン2第8話の感想 色々と興奮!

スポンサーリンク

BANSHEE(バンシー)シーズン2 第8話

バンシーならではの残虐さのある回。

BANSHEE(バンシー)シーズン2第7話の感想はこちら

www.h163932.xyz

 

BANSHEE(バンシー)シーズン2第8話のあらすじ

 

ルーカスが違法な手を使ってカイの家に家宅捜査に入る。

対決はルーカスがリードしてるように思えるが、この対立で犠牲者が出てしまう。

 

ここからネタバレあり!

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

BANSHEE(バンシー)シーズン2第8話の感想 

今回の一番の衝撃シーンはエメットの奥さんの流産でしょ。

カイのドラッグ担当のシャープがこの間の倉庫爆破の腹いせにエメットの奥さんを殴り、腹を蹴り、お腹の中にいた赤ちゃんを失ってしまう。

 

弁護士とか、警察とか逆恨みを買うような仕事してる旦那を持つと奥さんは大変だね。

職業だけじゃない。

私の女友達は奥さんもちの男の人とLineしてただけで、妻に不倫相手と勘違いされ夜中に何十回も電話がかかって来たらしい。

その後も嫌がらせが続き、ほんと参った。と言ってた。

不倫関係にあるならしょうがないが、ただの友達だからとんだとばっちり。

女性諸君!携帯チェックするような奥さんもちの旦那さんとは連絡交換しなでおこう!

 

エメットと奥さん、子供が生まれたらどんな子になるんだろうとダイナーで楽しそうに子供の将来を語ってた。

生まれてからは大変続きだけど、第一子がお腹にいる時が一番夢あって幸せな時かもね。

それが無残にも打ち砕かれた。

みんな心配してたけど、意外と冷静を保つエメット。

本当にやるときは怒りの感情をあらわにせず、冷静なんだろうな。

 

エメット、やっぱり敵討ちしちゃったね。当然の結果。

そこでの会話に今でも続く差別思想が垣間見えた。

表面だっては差別を無くそう!人間は皆平等!と言ってるけど、人間はそんなクリーンな生き物じゃない。

弱いものを見下すことで優越感を感じる。能力なんかではない、肌の色で差別し、何も持ってない自分はそれでも優位な存在なんだと自尊心を高める。

滑稽であるけど、自分が見下されるくらいなら見下したいのだろう。

そんなことを思うのも人間的な弱さの現れなように感じる。でも、人間は弱い。差別は一生なくなることはないと私は思う。

 

エメットさ、感情任せに3人半殺しにしちゃったけど、捕まっちゃったら奥さん一人なっちゃうよね。

流産して心細い時に旦那まで失ったら相当辛いよ。

まあ、でもルーカスのあの表情はなんとかしてくれそう。

 

ルカースとショバーンの恋愛模様も気になった。

ルーカスのめちゃくちゃな行動にショバーンが不信感を抱く。

そりゃそうだよ。ちゃっかりベッドは共にしてるけど、ルーカスは謎いっぱいだもん。

お付き合いしてて嘘つかれるのって一番しんどいかもしれないね。

口先だけでは愛の言葉囁いてても、なんとなく嘘は見抜けちゃったりする。

嘘を一つつくと重ねていかないと辻褄が合わなくなる。

そうなるうちに信頼できなくなっちゃうの。そして恋が終わる。

 

旦那がね、バンシー全話見たんだけど

「主要人物死んだ後くらいから面白くなる」

って言ってた。

私にはちょっとのネタバレを話しても怒るのに、この有様ですよ。

まだ主要人物は死んでないけど、これからもっともっと面白くなるのかもしれない。

 

ジョブもラビットの手がかり見つけてどこか行ったし、アナとゴードンは少し家族ムードを取り戻したよう。

そしてブロックのセクハラ発言!(笑)

あれは完全にショバーンへのセクハラやで!

次の日から保安官の制服着て来ず、黒のドレス着てくかもよ。

 

 

BANSHEE(バンシー)全シーズンはHuluで見れますよ!