【バチェロレッテジャパン エピソード7を見たネタバレ感想】萌子さんの意味深行動

バチェロレッテ・ジャパン
バチェロレッテ・ジャパン 恋愛リアリティショー

バチェロレッテジャパン第7回目は、男性陣のお宅訪問。

杉ちゃん、ローズくん、コーコーさんの3人のうち、選ばれるのは2人。

萌子さんは誰を選ぶのでしょうか。

コーコーさんのお母様が、とても良いこと言ってました。

結婚願望がある若者は、お母様の教えを心に刻むべし!!

 

そして、萌子さんのローズセレモニー後の意味深行動はどう見ます?

 

スポンサーリンク

お宅訪問

いよいよ、ご家族とご対面。

萌子さん、どのご家族にも受け入れられてたようです。

 

男親ってどんなもんなんですかね?

「娘はやらん!」と反対する父親の話は聞くけど、息子が連れてきた奥さん候補に、厳しいご両親はいるのでしょうか?

結婚は反対されなくても、いざ結婚するといびられたという話は聞きますけどね。

特に、医者の息子のお姑さんは厳しい印象です。

・・・そんな話はさておき、お宅訪問のトップバッターは杉田家でした。

杉ちゃん

杉ちゃんのお宅訪問では、お姉さんが鋭い質問をしていました。

「陽平のどこをいいと思ってるんですか?」と直球を投げかけた。

 

たしかに、萌子さんが杉ちゃんをここまで残してるのは、みんな予想もしなかったでしょう。まず、フィールドが違うというか、普通に暮らしていたら絶対に出会わなさそうな二人ですもんね。

 

「引き出しが色々あって、そのどれもが魅力的」と萌子さんが言ったのを聞いて、お姉さん安心したようでした。

杉ちゃんのお母様も、「二人は波長が合ってる」と言っていました。

初対面では、あまりにもゴージャスなお嬢さんが来てびっくりしたかもしれないけど、杉ちゃんとのやりとりや、気取らない気さくな面を見て、そう思ったのかもしれませんね。

 

ご両親との対面終了後、杉ちゃんは庭に木を植え、「萌子さんじゃなきゃダメなんです、唯一無二の存在です。大好きです!」と熱い思いをぶつけた。

ファーストインプレッションではウジウジしていた杉ちゃんがセミファイナルまで残り、自分の気持ちを声に出して伝えている。

ここまで行動的になれたのは、萌子さんを本当に好きだからなんだと思いました。

コーコーさん

コーコーさんのご実家は上海にあるそう。

日本でのお宅訪問は、コーコーさんの一人暮らしの家でかと思ったけど、どう見ても独身男の住まいじゃない超豪邸。

お金持ちの方は家を何件も持つけど、番組サイドで用意した家じゃなければ、お金持ちの域を超えた億万長者ですね。ホント豪邸でした。

 

コーコーさん、「家族のしきたりに従ってもらう」と萌子さんに言ってました。

どんなしきたりかと思ったら、餃子を作っての餃子ワインパーティだった。

よっぽど餃子好きなんですね。さすが中国!

 

でもね、客人である萌子さんに餃子の餡を包ませるのは、嫁チェックが入ってるんじゃないかと思いました。

「うちの嫁になるんだったら、餃子くらい包めなきゃダメ!」的な。

お金持ちのお家は、嫁になる女性に求めるものが多いと思うんですよね。

私の知人にも医者の息子と結婚して、姑にチクチク言われてる子が2人います。医者の家に嫁いでもいびられてない子もいますが、嫁いびりって最近ではあまり聞かないので、医者の姑はうるさい印象です。

 

萌子さんは、黄家のしきたりを難なくクリアしていました。

育ちも良く、しっかりしたお嬢さんで、好印象だったのではないでしょうか。

「またの再開を楽しみにしてますね」と言われていました。

コーコーさんのお母様の名言

女性二人きりで話していた時、お母様がとても良いことをおっしゃってました。

若い人は理想を求めすぎ。フィーリングを大事にして

 

結婚したいのに結婚できない若者の理由が、ズバリこれですよ!

条件とか、義両親の介護のこととか、世間体とか考えすぎなのよ。

 

結婚はする前より、した後の方が努力が必要なんだから。

条件で結婚して、それがなくなった時どうするの?離婚する?好きじゃないと努力したくないけど、好きなら努力もできるもの。

好きか嫌いか、体が合うか合わないかくらいで判断したらいいの!

スポンサーリンク

ローズくん

ローズくん、お宅訪問前にサプライズを用意していました。

思い出の舞台に立ち、萌子さんに捧げる歌を熱唱。

萌子さんは感動して泣いていたけど、正直どうでした?

ごめん、全然刺さらない。

私が萌子さんじゃないからってのもあるけど、それ以前の問題のような。。。まあ、ここは深掘りするのはやめときましょう!

 

熱い愛の讃歌のあとは、お宅訪問に。 

ここでも熱い!萌子さんそっちのけで、ハグをする様子は日本人的感覚にはないですね。

 

トウマローズTシャツにも熱い思いを感じました。

 

ローズくんの家族の絆はとても硬く、お母様はとくにローズくんを愛してる様子が伺えました。

お母様自身も「我が家は絆がとても強い。萌子さんにとって問題にはならない?2人で生きていきたいと言わない?」と心配していました。

萌子さんがお母様の問いを履き違えた返事をしたことで、ローズママ、より一層不安になったよう。

最終的には、萌子さんの涙を見て「Welcome」と、ローズママのOKが出たけど、ローズくんと結婚するなら、家族も一緒に結婚するという覚悟がないと厳しいかもしれませんね。

スポンサーリンク

ローズセレモニー

3人中、1人が落とされます。

杉ちゃん、コーコーさん、ローズくん、誰が落とされるのでしょう。

 

ローズをもらえなかっのは、ローズくんでした。やっぱりという結果。

一番デートもしていて、コーコーさんにライバル視されるほどだったけど、「恋人としての好きではない」という理由でローズをもらえませんでした。

 

これは、テイの良い理由にしか聞こえませんでしたねェ。

萌子さん、ローズくんファミリーには入れないと思ったんじゃないかな。

バチェロレッテジャパンで出会うのではなく、普通に出会っていたら徐々に溶け込めるかもしれないけど、初めましてであんなこと言われたら『私できるかな?』って怖気付いてしまったのかもしれない。

以前「結婚を想像できる人を選ぶのか、恋人として楽しい人を選ぶのか迷っている」と言っていましたが、ご家族に会ってより具体的に結婚へのビジョンが見えたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

萌子さんの意味深行動どう見る?

これですよ!これ! !

あの時(庭に木を植えた時)、杉ちゃんの告白に答えられなかったから、ここでハグさせてくれ」とハグしたのは、コーコーさんを試してるんじゃないかという話が出ましたけど、私も同意です。

岡村さんは、「杉ちゃんを、どういう気持ちで好きなのか確かめたんじゃないか」と言ってたけど、これにも同意です。

どっちの気持ちもあって、ハグしたんじゃないかな。

 

杉ちゃんとハグして、子宮がキュンとするかどうかは大事なことですよ〜。結婚してからセックスレス に悩む夫婦は多いですからね。したい方も悩むし、したくない方も誘われると苦痛なものです。

杉ちゃんにセクシャルな魅力を感じないなら、最後のローズはもらえないでしょうね。

 

一方、コーコーさんを試すハグなら、大成功じゃないですか!?

「僕に対してのメッセージですね」と言っていました。

さすが、コーコーさん察しがいい。

 

コーコーさんが好きと言わないのは、戦略なのでしょうか?

でも、男の人は本当に好きな女性には戦略を練る余裕ないと思うんでうよね。彼女を喜ばせたくてサプライズはできるけど、駆け引き的なことをする男性って少ない気がします。

駆け引きする時は、本当に好きじゃない女性にゲーム感覚でするイメージ。

もし、コーコーさんが萌子さんに選ばれるための駆け引きで「好き」と言わないなら、こんな小賢しい男選ぶべきじゃない。

駆け引きができなくなるほど、好きで好きでたまらないと思われなければ、結婚後は苦労しそう。

男性は釣った魚に餌をやらないって言うでしょ。

男性は征服欲があって、追うのが好きな生き物。結婚するとその全てが満たされた気になっちゃうそうです。

なのに、最初から好きの度合いが低いと、浮気をしなかったとしても、奥さんより他のことに没頭することになるんじゃないかな。

男性は尽くすことで幸せを感じるけど、女性は尽くされることで幸せを感じる。

尽くしたいと思わせるほど好きにさせないと難しいし、女性が尽くすばかりでは不安になってしまうと思うよ。

 

次はいよいよファイナルです。

萌子さんはコーコーさんに惹かれているけど、杉ちゃんほどの愛情を感じられなくて不安なんじゃないかな。

次回予告では、萌子さんのお母様も登場していました。お母様の意見が鍵になるのではないでしょうか。

 

尊敬できる部分や、結婚の条件的な部分はコーコーさんだけど、あまりにも萌子さんへの言葉がない。

杉ちゃんは愛情表現をたくさんしてくれるけど、男らしさや頼り甲斐があるのか、イマイチ見えない。

 

まさか、最後はどちらも選ばないという結末があったりするのでしょうか!?

私はケビンを推したいですけどね(笑)

 

萌子さんはとても向上心があるので、杉ちゃん、コーコーさんどちらを選んでも、「辛い時こそ成長するチャンスだよ!」と乗り越えていけそう。

恋はきっかけ、愛は努力ですから。

 

スポンサーリンク
ブログ村ランキング参加中です!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
↑皆様のクリックがブログを書く励みになります。 どうぞ宜しくお願いしま〜す(*'▽'*)
\記事の更新をお知らせします/

コメント