Tバッグ

海外ドラマあり!ふるさと納税あり!グルメあり!の気になった事はなんでもネタにしちゃう雑記ブログです。

【元祖 長浜家】どローカルなとんこつラーメンを食べてきました!

スポンサーリンク

元祖 長浜屋

博多といえばとんこつラーメン!

とんこつラーメン屋さんはたくさんありますが、こちらが発祥のお店らしいです。

そんなローカル色の強い元祖 長浜家に行ってまいりました。

元祖 長浜家

元祖 長浜屋

『元祖 長浜屋』という店名のお店は他にもある。

どうやらこちらが正真正銘の元祖だそうです。

 

混雑状況

お店に着いたのは12時半くらい。

 

元祖 長浜屋

15〜20人くらい並んでました。

長居できる雰囲気のお店ではないので、こんなに並んでても10分くらいでお店に入れました。

 

店内の雰囲気

元祖 長浜屋
元祖 長浜屋

女性1人や子供連れだと入りにくい雰囲気。

相席当たり前、カウンター席はいやだ!とか選べる雰囲気ではありません。

メニュー

元祖 長浜屋

とっても簡素。

そして激安。この値段でラーメン食べれちゃうので博多っ子は一蘭行かない人多いようです。ちなみに一蘭のラーメンは780円だったかな?

 

 

元祖 長浜屋

すぐ来る。

 店内は豚臭充満してるのですが、その匂いとは裏腹にあっさりした臭みのないとんこつラーメンです。

 

元祖 長浜屋

テーブルには自分好みにカスタマイズできるようになってます。

画像、左のやかんにはスープのたれが入ってます。

左の大きいやかんはお茶が入ってます。間違えないよう要注意!

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

味の感想とまとめ

元祖 長浜家に久しぶりに行きました。

今回で三度目だったのですが、「味変わった?」と思ったのが第一印象です。

私はどちらかというと薄味好きで名古屋のラーメン屋さんでは『薄めるスープ』を必ず出してもらいスープの味を薄めます。

それが、こちらのラーメンを食べた時に「薄い!味がしない」と思い、やかんのスープたれをちょい足ししました。

 

味覚が変わったのか、ここのラーメン屋の味が変わったのか。と思ってましたが、ここのお店は作り手によって味がバラバラだそうです。

今回、たまたま薄味のシェフに当たったんでしょうね。

 

ここチャーシュー美味しいんですよ。

しっかり醤油ベースの出汁が染み込んだ脂身の少ない臭みのないチャーシューです。

とんこつラーメンでスープぎっとぎと(ここはあっさりとんこつだけど)なのにチャーシューがめっちゃ脂っこいお店もあったりしますが、これは私からするとナシです。

ぎっとぎとの脂っこい分厚いチャーシューも好きですが、豚骨スープには合わないでしょ。どっちも主張しすぎてて調和を保てない。

前に出る役割がいたら支える役割もいる、その調和がとれてこそ1つの美味しい食べ物になるんです。

九州ではそんな調和を乱したとんこつラーメンを食べたことありませんが、名古屋にはあります。主張主張主張のとんこつラーメンが。そして人気あって並んでたりする。

 

並んでてもすぐ入れる

元祖 長浜屋

椅子は硬い丸椅子

長居できる雰囲気ではないので回転率は抜群です。

 

お会計

食券ではなく、レジで注文したメニューを言ってお支払い。

伝票もない、かなりのアバウトさ。

もちろんカードは使えない。

 

雰囲気が変わってた

2、3年前行った時はもっとローカル色の強いラーメン屋さんの印象でしたが、とてもマイルドになってました。

 

以前はドアをガラガラっと開けたら「かた1丁」と即注文しなくてはいけなかった。

今回は人数を聞かれ、席に案内され、それから注文。

以前はなかった子供用の椅子があったり、帰りには子供に飴のプレゼントもあった。

我が家だけでなく他にも子連れでいらしてる方、数組いました。

 

でも、これは健在

替え玉の注文はローカル色に溢れてた。

「かたいたま」

「やわたま半」

「なまたま」

などなど、暗号のような替え玉の注文方法。

とんこつラーメンを食べ慣れた人はタイミングもバッチリ。麺を食べ終わる前の絶妙なタイミングで注文する。

 

そんな声が響き渡る店内は活気に満ち溢れてる。

 

以前より入りやすくなったかもしれないけど、やっぱり行ったことのある人と行った方がオーダーなどがスムーズかもしれません。

 

tabelog.com

駐車場はありません。