2娘、1女、たまに夫の子育てブログ

海外ドラマあり!ふるさと納税あり!子育てあり!の気になった事はなんでもネタにしちゃうブログです。

ホームランドシーズン6第9話を見た感想 狸と狐の化かし合い【ネタバレあり】

スポンサーリンク

ホームランドシーズン6

第8話は、個人的にアストリッド姉さんの大人可愛い受け答えに感銘を受けた回でしたが、今回はどんな回になるのでしょう?

ここからはネタバレあり!閲覧注意!!

アダールとキーン

前回、ジャバディの証言でキャリーとソールを信用できなくなったキーンはアダールを呼びます。

アダールに「イランが核合意を破ってた場合の対策はどうしたらいいと思う?」と、聞きます。

「我々の顔となる人物、例えば国務長官を有能な人物にするのがいいでしょう」とアダールは言い、自分推しの人物を紹介するとキーンに言う。

 

キーンは「検討してみるわ。リストを持ってきてちょうだい」と言いアダールと握手を交わす。

マックスとキャリー

マックスはコンリンが潜入した会社に面接しに行くとキャリーに告げる。

コンリンが潜入後、殺害されたことから「危ないからやめたほうがいい」とキャリーは言うが、情報のために面接して潜入すると言ったマックス。

 

「キャリーは情報欲しいよね?」

「まあ、欲しいけど」

みたいな会話があり、

「僕の決めたことだから、もう面接取り付けたし行ってくるよ」と言ったマックス。

 

ねえねえ、マックスってキャリーのこと好きなんじゃ!?

やたら親身だし、カメラ取り付けたり、クインのお守りしたりしてるよね?

最近また思ったけど、好きじゃない子にはここまで男は優しくしないよ!!(あ、私の実体験ではありません、友達の実体験聞いてそう思いました)

 

マックス面接へ

例の会社へ行くと、いたのがなんと!あの報道局の人!!

アダールと手を組んでたし、この会社もアダールの息がかかってそう。

 

マックスはとても経歴がいいので採用したいけど、ある年の経歴が空白なことから問い詰められる。

マックスがほんじゃあもういいわ!と去ろうとすると「採用したいからぜひ教えてくれ!」と言うおっさん。

 

マックスがペンを取り出し、何かを書いた『M+M』

なに?『M+M』って???

問いただされ、マックスが言ったのはsmoking methmasturbationのことだった。

頭文字でMMね!

 

報道局のおっさん「なぜそうなった?」と追求。

マックス「海外で彼女が殺された」と、悲壮な表情を浮かべる。

報道局のおっさん、そっかそっか〜としみじみ頷き「OK!採用!!」

無事、マックスの小芝居で経歴を隠し採用されました!!

 

これ、日本なら2番目のMはともかく、1番目のMで不採用確定だよね。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

マックスの初仕事

採用後、即仕事のマックスです。

オフィスに行くとみんながマックスに注目してる。

キャリーの回し者ってバレたか!?

 

一人の男性がマックスにソックパペットが消えたんだけど直せる?」と聞いてきた。

ソックパペットとはこのオフィスにいる人たちの偽ユーザーのことみたい。

 

マックスは軽々と直し、ソックパペット復活!

壁中になにやら画面がたくさん現れる。

その後、みんなが一斉に何かを書き込んでる。

 

一体これなに?どんな会社??

もしかして、キーンの批評書き込む集団だったりして。。。

 

ジャバディとアダール

ホテルで優雅に朝食をとるジャバディ、そこにはアダールもいる。

やっぱり、ソールを裏切って偽情報を言わせたのはアダール。

 

ジャバディ逃亡金をもらって、ずらかるのかと思ったらモサドがジャバディを渡せと言った」とアダールに言われ、強そうな恰幅のいいお兄さんたちが2人いらして、ジャバディ絶体絶命。

 

ジャバディはこのやりとりをしてる間にキャリーに電話をかけ、痕跡を残す。

キャリーはその電話をとりソールに電話、逆探知をかけジャバディの居場所を探る。

 

居場所がわかり、ホテルに行くが遅かった。

ジャバディは連れ去られた後。

ですが、ここでイランが核合意を破ってないという証拠が入った携帯をゲット。

 

証拠を持ってキーンのところへ

キャリーとソールはナフィーシの拷問動画をキーンに見せる。

モサドがナフィシーを使ってイラン政策を阻害させようと一芝居した」と説明。

 

まだ、半信半疑のキーンに「CIAの中にもこの偽装に関わった人物がいる」とソールが言う。

「誰?」と言うキーンに黙るソール。

キャリー「アダールです」と暴露する。

そして、セクーの爆弾テロ事件もアダールが関わってると言う。

 

それを聞いたキーンは「彼を排除する方法は?」と聞く。

 

狸と狐の化かし合い

アダールがキーンに会いにくる。

ロブは面会を拒否しようか?と聞くが、キーンは「アダールが推す人物がわかったら仲間がわかるから会うわ」と、言って会うことに。

 

まずは、本題に入らず軽く世間話を交わす二人。

表面上は笑顔で全然関係ない会話を交わしてるけど、二人の顔はこわばり、お互い探りを入れてる様子。

 

アダールが何かを感じ取ったようで、キーンに渡す予定だった推しメンリストの封筒をいったん取り出すが、懐にしまう。

 

結局、リストは渡さなかったのかな?と思ったけど、アダールの帰りの車での荒れようを見たところ、自分の思い通りにいかなかったようです。

 

家に着いたアダールを待ち受けてたのは・・・

アダール、帰宅後グラスにお酒をつぐ。

こんなむしゃクシャする時はやっぱ酒だよね!!

 

飲もうかな。と思った時に気配を感じ見ると、クインが銃を持って立っていた。

 

アダール「なぜ、ここに?」

 

クイン「俺を殺そうとしただろ!」

 

アダール「私が君を殺せるはずないじゃない」

 

クイン「嘘つけ!アストリッドは死んだ」

 

アダール「え?なんで??」

 

しらこいわ〜、あんたが爆弾男に命令したんちゃうん??

 

クインが、アダールに銃を向け引き金を引こうとしましたが、一発殴り部屋を出て行く。

 

クインが部屋を出た後、すかさずアダールは爆弾男に電話。

「なんで、クインを殺そうとしたんだ!!」

え!?アダールの指示じゃなかったの????

「俺の判断だ」と爆弾男。

 

その通話を外で盗聴してたクイン。

さすが!クイン様!!抜け目ないわ〜♡

その通話記録から爆弾男の居場所を逆探知したクインでした。

 

ここで第9話は終了です。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

ホームランドシーズン6第9話の感想

今回、マックスを見直しました!

マックス、ただの地味なメガネ君だと思ったら、あんなジョークも言えるし、愛する女のために危険まで冒せる男なんですね。(キャリーのこと好きかわからないけど・・・)

 

色々とアダールの陰謀を暴く証拠が出ましたが、「これではアダールを追放することはできない」と、キーンに言われたキャリー。

「キャリーが以前言ってたアダールの隠蔽工作を公言すれば追放できる」とキーンは言ってましたが、これにはソールが関わってるためキャリーは言うことができません。

そのことでソールに話すキャリーですが、「隠蔽がなんだ!私なんてロシアのスパイにも関わったんだぞ!」とお怒り気味でした。

「ロシアのスパイと寝るのが悪い!」と言ったキャリーに自爆テロ用のベストを着た男と寝たのは誰だ!」とソールに言われちゃうキャリー。

どっちもどっちだね。

もう、この人たちの世界めちゃくちゃやな!!

 

クインの行動はさすが!としか言いようがない!

銃を奪う時の鮮やかさといい、アダールを殺すのが目的のように見せ、爆弾男の居場所を逆探知

冷静で、行動的なクイン。できる男だよね。

それに引き換え、アダール。

焦っちゃって爆弾男に電話かける時も安全な回線使わず、爆弾男に怒られてるし・・・

雇い主どっち!?

 

 

第9話も楽しい回でした。第10話も楽しみです!!

また来週〜!!

 

ホームランドシーズン6第10話の感想はこちらです↓

www.h163932.xyz