2娘、1女、たまに夫の子育てブログ

海外ドラマあり!ふるさと納税あり!子育てあり!の気になった事はなんでもネタにしちゃうブログです。

ママ友問題

スポンサーリンク

ママ友問題

前日のブログで長女の人間関係のことをお話ししましたが、新たな人間関係を築くのは子育てママも一緒ですよね。

保育園のママより幼稚園ママの方が多いと思うのですが・・・私もありました。ママ友トラブル。

私は実家が今住んでるところとは違うので、近くにママ友がそれほどいませんでした。

ママ友をつくりたい!と思ってたので幼稚園に入る前の園のプレスクールにも積極的に参加してました。

そこで、気の合うママたちに出会えたのですが、園に入園した後に仲良くなった(?)ママとトラブルになってしまったんです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

ママ友Dとのトラブル体験談

友達って趣味が一緒だったり、話が合ったり、そんな共通点があって友達になりますよね。

ママ友は『子供がいる』って言う共通点しかないのに友達になっちゃうからトラブルになっちゃうのかな??

Dの第一印象

Dはかなり目立つ存在でした。

プレの時にも数回見かけたのですが、格好がいつもOLさんのような綺麗な格好をしてました。娘たちが通ってる園はお受験幼稚園でもなく普通の幼稚園なので、プレに来てるママたちの格好はみんなカジュアルでした。

 

そこに膝丈スカートにヒールで登場したDは目立ってたんです。

なんとなくセレブっぽい雰囲気で近寄りがたさもありましたし、長女もDの娘と遊ぶことがなかったので話すこともありませんでした。

Dと連絡交換をすることになった経緯

入園前にプレで出会ったママ友と仲良くなったので、無理にママ友の輪を広げようと思っていませんでした。

園の行事に行ってもプレで仲良くなったママ友とばかり話してたのですが、Dに話しかけられたんです。

『バス1番に乗ってるよね?うち2番なんだけど家近いのかな?家どの辺り』と。

Dとは家が近所で子供の小学校の学区が一緒だったんです。長女の通ってた幼稚園で長女の学区のお友達はDの子供しかいなかったようです。

それで、たまもり家に興味を持ったのかもしれません。

 

話してみると近寄りがたい見た目とは違い、気さくで年も一緒ということがわかり、勢いで連絡交換することになったんです。

仲の良かった時のDとの関係

Dとはライン交換したものの、ぜんぜん連絡を取ってませんでした。ですが、ある日Dから『うちに遊びに来ない?』というラインが入ったんです。

そこで、子供が幼稚園に行ってる間に初めて家に遊びに行きました。

その頃、私は次女を妊娠中だったのですが『子供が生まれたらランチもなかなかいけなくなるし、ランチも行こうね!』とDに言われ、その後は何度かランチにもいきました。

 

 次女が生まれてからは、お昼に私達だけで会うことはなかったのですが、長女が年中になってDの娘と仲良くなりました。

今度は『うちの子がたまもりちゃんの娘と遊びたいって行ってるから、うちに遊びに来て!』と言われ家に数回行き来してました。

ですが、なんか私Dには心を許せなかったんです。

Dに心を許せなかった理由

会ったら話をしますよね。色々と・・・。

Dの家に初めて行ったその日に『ところで旦那さん何やってるの?』と聞かれました。私の中で、旦那さんの職業は聞いてはいけないような気がして、仲のいいママ友にも聞いたことはありませんでした。

 

仲良くなって、そのうち自然と旦那さんの仕事の話になって職業を知ったりすることが多いです。『早速、聞くの!?』と内心びっくりしましたが答えました。

 

『サラリーマンなんだ』

 

D 『何関係のサラリーマンなの?』

 

外資系なんだ』

 

D『へ〜じゃあ、海外出張とかも多いの?』

 

『そんなに多くないけど、行くときもあるかな』

 

D『どこ、行くの?中国とか?』

 

『中国はほとんどないかな、明日からイギリス出張なんだ』

 

D『私、CAしてたんだけどイギリス行くと毎回、体調崩すんだよね〜』

 

Dは元国際線のキャビンアテンダントだったみたいです。そして、地元のママ雑誌の読モもやってました。

元スッチーで読モするくらいだからプライド高そうだな…と思ったのと、なんとなくマウンティングされてるような気がして気を許せなかったんです。

Dに無視されるようになった

そんなこんなの付き合いをDとはしてたのですが、長女が年長の時、急によそよそしい態度をとられたんです。

まあ、その時は気のせいだと思ってたのですが完全に無視されてると気づく出来事がありました。

無視されてると決定的に気づいた出来事1

聞きたいことがあってDにラインをしたのですが、返信が何日経っても来なかったんです。

既読もつかないし、『おかしいなぁ』と思ってました。

『もしかしてラインブロックされてる!?』と思いラインブロックを確かめる方法を検索してみました。

 

ラインのブロックされたか確かめる方法
  • 既読にならない
  • 『タイムラインの投稿がありません』と出る

Dはタイムラインに投稿してたのに、見れなくなってたんです。

『まさか!』と思い、もう一度ラインも送ってみましたが、何日経っても既読になることはありませんでした。

 

スポンサーリンク

 

 

 

無視されてると決定的に気づいた出来事2

Dの様子が変化したのは2学期の終わり頃だったのですが、3学期に雪予報の前日に登園バスの時間変更の連絡網が回ったんです。

 

私の次の連絡網がDなんです。

ラインブロックされてるのに電話するのは気まずかったです。でも、電話をかけないわけにはいかないので電話しました。電話に出たのがDだと気づいたのですが、よそよそしい態度を取ってしまいました。

 

いつもはDのことを『Dちゃん』と呼んでたのですが、連絡網の電話の時についついDの苗字で呼んでしまったんです。

もし、Dのよそよそしい態度が私の勘違いだったら『たまもりちゃん、なんでそんな呼び方するの〜ハハハハ』みたいな感じになると思うんです。

でも、あちらも『ああ、〇〇さんどうしたんですか?』と苗字で呼び、敬語だったんです。このDの返しで確信しました。

 

無視されてることを確信した私は、プレからの仲のいい友達にそのことを話しました。

仲のいいママ友はすごく驚いてました。そして、Dのラインを知ってるママ友がDのタイムラインを見てくれたんです。

そこにはタイムラインの投稿が表示されてました。

無視されることになったと思われる出来事

プレからの仲の良いママ友数人に話を聞いてもらったのですが、『Dのことは癖がありそうで関わらないでおこう』と思ってたママもいました。

 

癖があると思ってなかったママもDに抱く印象で一致したのは、プライドが高そう!ということでした。

 

うちは長女が幼稚園の時が一番バブリーな生活してたんですよね。。。

家賃出費が少なかったので、贅沢するお金があったんです。

海外旅行にも年1か2で行ってたし、『旦那の会社の忘年会のパーティーがクルージングディナーだけど何着たらいいのかな?』とウキウキしながら相談したりしてたんです。

 

その他にも私は普通に話してるつもりでも、鼻につく行動や言動をしてたんだと思います。私としては聞かれたから言っただけなんですけどね。。。

 

あとは、うちが引っ越す事で小学校の学区が変わるから、もういいや!とDが思ったのかもしれません。(我が家は長女の年長の時に1回、小学校1年生の春休みに1回引っ越してます。)

 

いくらDがプライドが高いとしてもそんな事で拒否するのかな?と悩みました。

一時期眠れなくなり、メニエル病にもなりました。

何か嫌なことをしてしまったんだったら謝りたいと思うけどラインは拒否されてるし、直接会っても話す勇気ないし・・・

挨拶だけはしてました。挨拶しても会釈だけで返されると結構、こたえるんですよ。

 

他のママ友には『ほっときなよ!そういうことする人は自分にも巡ってくるよ』と励ましてもらい、

旦那にも『どうせ、もう付き合う相手じゃないんだからほっとけよ』と言われ悶々としながらも何もできずにいました。

 

それが、卒園式の日にDが話しかけてきたんです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

Dが話しかけてきた!

卒園式の日、座席には名前が貼ってあって座る場所が決まってました。座席を探してると、Dが『ここだよ!』と指差して教えてくれたんです。

 

でも、『あ、ここか!』と独り言を言って座っただけで、Dを見ることも、お礼を言うこともできませんでした。

まさかの予期せぬ出来事に思わず無視してしまったんです。

その後は、やっぱり話しかけられることも目を合わすこともなく、Dとの関係は終わりました。

子供には言うのにできてないこと

長女にも次女にも

『自分が嫌だと思うことは人にしないよ!』

とか

『自分が良いと思ってやったことでもお友達が嫌だったら謝るんだよ』

と教えてますが、偉そうに子供たちに言ってる私が全然できてなかったんですよ。

だからトラブルになってしまったんでしょうね。

 

あとは、旦那にもよく言われるのですが

『危機意識が低すぎる!』

ちょっと話しかけられたら、もう仲良し!のような態度を誰にでもとるそうです。私って・・・

そんなつもりはないんですけどね。。。

美容師さんに言われた話

専業主婦は、旦那さん次第でステータスが左右されると。

 

自分が努力したら努力した分だけお給料がもらえて贅沢ができるのではなく、旦那さんの頑張り次第で左右されてしまうんです。

 

Dとはさすがに旦那の給料の話はしませんでしたが、多分、Dの旦那さんの収入はうちと同じくらいか、それ以上なんじゃないかな?と思います。

 

でも旦那さんの仕事上、休みが取れないので海外旅行には行くのが難しかった事や、職種を気にしてたのかもしれません。

その辺りを私が自慢してるように聞こえて、癇に障ったのかもしれません。

 

園のママ友でも旅行に行く話をする時、嬉しそうに『旅行行くんだ!』と言えば良いのに、『うん、ちょっと行ってくるんだ』と遠慮がちにいうママもいるんです。

 

旅行行くのって嬉しいですよね!?なんでそんな、遠慮していうのか私はよくわからなたかったのですが、人によっては「自慢してる」と思われたくなくて遠慮気味にいうのかもしれませんね。

 

トラブルもありましたが、私には楽しく付き合えるママ友もいます。

良いママ友に出会えるのも、トラブルを起こしてしまうのも自分次第ですね!

 

Dとのトラブルは良い教訓になりました。次女のママ友付き合いは慎重なたまもりです(笑)