2娘、1女、たまに夫の子育てブログ

海外ドラマあり!ふるさと納税あり!子育てあり!の気になった事はなんでもネタにしちゃうブログです。

いくらの醤油漬けを6年間作ってて、やっと気づいたこと。

スポンサーリンク

前の記事の続きです。

タイトルにもありますが、この6年間毎年、いくらを漬けてきました。初めて漬けた時は成功したんです!それから味をしめ毎年作るようになったのですが、失敗もしてきました。失敗は成功の元!去年くらいからやっとコツがわかってきたような気がします。失敗した実例をご紹介。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

いくらの醤油漬け失敗談と美味しく漬ける方法

失敗したいくらを食べるのは苦痛です。過去には失敗いくらを旦那の実家にお土産として持って行ったこともあります。今考えるとなんて無礼な行為なんでしょう。。。

いくらが硬い!

いくらが硬くて食べようとしても口の中で逃げちゃうんです。こういうのをピンポンいくらって言うらしいです。硬いいくらになってしまう理由とは?

時期が遅い

生筋子は晩秋に近づくにつれ皮が硬くなるそうです。初物は粒は小さいけど柔らかくて値段が高い。11月の生筋子は粒が大きく皮が硬いんです。

オススメ時期は10月中旬くらいまでです。色はオレンジ色のものでドリップが激しくないものを選ぶと良いと思います。

 

醤油の漬けすぎ

今回、同じスーパーで生筋子を3パック買ったんです。

2パックは買ったその日に漬けて、もう1パックは次の日に漬けました。最初に漬けた2パックは1日漬けて夕飯に食べたのですが皮が硬かったんんです。「10月中旬に買ったのにもう皮が硬いの〜。」とがっかりしました。ですが、時間差で漬けた残り1パックのいくらが冷蔵庫に2時間放置の状態であったので、それを食べると柔らかかったんです。同じスーパーで同じ日に買ったいくらなのに醤油漬けの時間が違うだけで、皮の硬さに影響が出るということがわかりました。2時間漬けたいくらでも味がちゃんと浸かってたので、すぐに小分けの瓶に入れて冷凍保存しました。

いくらが茹だっちゃった?

義母もいくらが大好きなのですが、何年か前、秋に旦那の実家に行った時にスーパーで生筋子を見つけたので旦那の実家でいくらの醤油漬けを作ったんです。

お義母さんに美味しいいくらの醤油漬けを食べてもらいたくて、いくらの皮が出なくなるまで何度何度も水で洗いました。でも、白い皮がなくなることがなかったんです。

1時間くらいキッチンに立ってたと思います。お義母さんもそんなに時間がかかるものなのかと様子を見にきましたが、私に遠慮して見守るだけでした。

その時に旦那の妹が仕事から帰ってきたんです。『何しとると?』と聞かれ、いくらを作ってることを伝えました。そしたら妹がいくらを一粒パクッと食べたんです。『これ茹だってない!?』と言いました。私も食べてみると硬くなった脂の塊。。。見た目も白っぽく硬くなって粒も小さく縮んでました。

もしかしたら最初にお湯で洗った時にお湯の温度が熱すぎたのかもしれない!と思いました。お義母さんに失敗したと謝り、いくらの醤油漬けになるはずだったいくらたちを捨てました。

生筋子って結構値段するんですよ。しかも、お義母さんが生筋子代出してくれてるのに面目なかったです。お義母さんは笑って許してくれましたが、落ち込みました。

その日の夜、実家の母に電話してそのことを伝えると・・・

『70度くらいのお湯なら大丈夫やで!』『いくらって脂やし冷たい水で硬くなんねん。塩水につけたらまたふっくらしたのに。』と言われました。

茹だってなかったんです!!何度も冷水で洗ったことで、脂が固まってしまっただけだったんです。

もし、いくら漬けてて白く、硬くなっても捨てないで塩水までつけてみてください!かなりの熱湯でなければ茹らないようです。

 

美味しいいくらの醤油漬けのまとめ

  • 生筋子は10月中旬くらいまでがピンポンいくらの可能性が低く安心。
  • いくらを醤油につけるのは数時間でいい。
  • 万能醤油だれでいくらを漬けると美味しい。
  • たくさん作っても冷凍保管ができる。
  • 市場で買うよりも新鮮なお魚を置いてるスーパーで買う。

お正月休みに旦那の実家に帰る時にお土産でいくらを持っていくのですが、いくらさえあれば他のお土産を用意しなくてもいいので楽チンです。お土産って結構悩みますよね。

『高いのに〜いつもありがとう』と喜ばれます。確かにいくら高いですが、市販のお土産を買っても3000円くらいはすぐいってしまうので手作りいくらは高見えします!

 

去年は笠原流万能しょうゆだれで漬けたのですが、旦那の実家にも旦那にも好評です。以前は母直伝レジピの醤油、酒、みりんを1:1:1で作ってました。

万能しょうゆだれのいくらの味がお気に召したようで、初めて帰宅後にわざわざ『どんどん腕あげてるね!』と義母からお礼の電話をもらいました。料理上手なお義母さんに褒められてホント嬉しかったです。

オススメの万能しょうゆだれとは?

笠原将弘さんて知ってますか?

日本食のお店、賛否両論のオーナーシェフです。賛否両論は恵比寿や名古屋にお店があって予約の取れない人気店だそうです。お店に行ったことはないのですが、東海地方で笠原さんのレシピを紹介する番組があって、それで彼の存在を知りました。料理雑誌のESSEで秘伝だれが特集されてる号があり、買っちゃいましたよ!

我が家はエッセに載ってた笠原流万能しょうゆだれでいくらをつけてます。

この間ブログにも書いた『九原の無添加だしで作って見たら』と旦那に言われたのですが、あくまでもいくらの醤油漬けはいくらが主役だと思うので、九原のだしを使うといくらの良さが引き立たないんじゃないかと思い、万能しょうゆだれで漬けることにしました。

★万能しょうゆだれの作り方

しょうゆ、酒、みりん100ccと昆布5cm角を鍋に入れて沸騰させる。

f:id:h163932:20161017133047j:plainf:id:h163932:20161017133119j:plain

それだけです!!我が家は2倍の量で作り、残りはペットボトルにとっておきます。

f:id:h163932:20161017133232j:plain

保存は3週間ほどできます。私は3週間以上冷蔵庫に入れてましたが、3週間以上経っても大丈夫でしたよ。賞味期限は自分の嗅覚と味覚、視覚で判断するタイプです。

この万能だれ、和食の煮物などに使えて便利です。イカと里芋の煮物を作ったことがあるのですが、『美味しい!』と好評でした。

昆布を入れてますが、昆布臭はほぼ感じません。隠し味程度の風味です。

いくらは動物性、昆布は植物性なのでマッチするんじゃないでしょうか?だしは、動物性を2つ以上入れるより、動物性と植物性の食材を入れた方がお互いの味の良さを引き立てる!と聞いたことがあります。昆布風味の醤油ダシでいくらをつけることによって、いくらの生臭さを消してくれて昆布の旨味もプラスされてるので美味しく漬かるんでしょうね!

 

いくらは冷凍保管もできるので、多めに作って小分けに保管するとちょっとした時に役立ちます!冷蔵で解凍するのですが、解凍後は5日間くらいで食べきったほうがいいと思います。

冷凍保管は半年程度と言われてますが、1年くらい保管できるんじゃないでしょうか?

我が家は10月に漬けて去年は6月に冷凍保存のいくらを食べきりました。8ヶ月くらい冷凍保存してるいくらでも味大丈夫でした。

 

スポンサーリンク
 

いくらは年々捕れにくいらしく値段が上がってます。

今年は一番安く買えたところで650円でした。去年は550円だったと思います。初めて漬けた頃は450円〜500円くらいだったと思います。

最初の頃は早起きして市場まで行って買ってたんですよ。でも、交通費とか労力考えたらスーパーで購入する方が楽です。品質も市場のものと大差ありせん。

あと、市場の独特な雰囲気が苦手です。今は、外国の観光客の方も市場に行ったりするそうなので雰囲気変わってるのかもしれませんが、一見さんお断り的な雰囲気。。。値段表記がないお店もあるのでぼったくられてないか不安にもなります。

スーパーで買う場合オススメなのは新鮮な魚を置いてるスーパー。うちの近所だけかもしれませんが、イオンや大型スーパーで売ってる生筋子はドリップもすごくて値段も7〜800円してました。

我が家は、小さいスーパーなのですがお魚が美味しいところで買ってます。小さいスーパーでお魚に力入れてるところは値段も比較的安いし、品質もいいです。

うちの近くにはないのですが、イトーヨーカドーの鮮魚も新鮮で、漁港直接買い付けで値段もお手頃だと聞きました。

 

いくらの皮が硬いか柔らかいかは、素人目で判断するのは難しいそうです。よく行ってるスーパーの店員さんに皮が固いかどうか聞くと丁寧に教えてもらえるかもしれませんね。

今が旬のいくら!少し時間をかけるだけでリーズナブルに添加物なしの安心な食材で作れますよ!