読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2娘、1女、たまに夫の子育てブログ

海外ドラマあり!ふるさと納税あり!子育てあり!の気になった事はなんでもネタにしちゃうブログです。

東海ナンバー1のレジャースポット、ナガシマスパーランド!東海の子どもと遊べるプールランキング

f:id:h163932:20161001162643j:plain

夏といえばプールですね!!7月に入り気温が上がってくると、プール気分も盛り上がりますね!

そこでご紹介するのがこちら!

ナガシマスパーランド

ナガシマスパーランドは東海圏に住んでる方は一度は行ったことがある場所ではないでしょうか?夏はプール、年間通して遊園地、湯あみの島、アウトレット、アンパンマンミュージアムと、年中楽しめるレジャーパークです。場所は三重県桑名市にあるので、利用者は関西や東海地方の方が多いんじゃないでしょうか?

 若者から子育て世代、おじいちゃんおばあちゃんまで楽しめます。 20代の頃からお世話になってる長スパですが、出産後初めて行ったのは、長女が1歳の時でした。

 

長女は水遊びが大好きで、海に連れて行った時も怖がらずに、はしゃいで入ってたので『プールに行ってみよう!』となりました。でも、プールって私の住む地域だけかもしれませんんがオムツ禁止のところ多いんですよね😅水遊びパンツ着用でもダメなところが多くて・・・そこで、水遊びパンツOK!だったのが長スパでした🎵

 でも、高いプールの入場料払って入ってもすぐに帰りたがるんじゃないかと不安にも思いましたが、長スパのプールは屋根付きの無料休憩所があるので、寝てしまってもそこで、レジャーシート敷いて寝れるし一か八か行ってみました!

 7月後半に行ったと思うのですが行くまでの道も、駐車場も、入場ブースも人だらけ、車だらけでした🙀私たちはオークションで入場券を手に入れてたのでチケット売り場では並ぶことなくすんなり入場できました☺️

オークションでチケットを入手した方がチケット代が安いので、たまたま入手してたのですが並ばず行けたのも、ラッキーでした😍

 まずは、場所取り!!と思い無料休憩所を見ると、人がいっぱい・・・場所あるかな〜と、思いましたが幸い見つけることができました✨

水着に着替えて、いざ流れるプールへ・・・長女も私たちも流れるプールを楽しみました🎵何週目かした時に、浮き輪に浮かんでる、長女の顔が水面に😵長女を見ると、寝てたんです!!ワオ!!流れていて気持ちよかったんでしょうね☺️

 休憩所でお昼寝を2時間したと思います。起きてからは、ご飯食べてまたプールで遊んでしっかり丸1日プールだけで満喫できました😆

 スポンサーリンク

 

 

それからというもの毎年、我が家はナガシマスパーランドのプールに必ず行くんです!

 ちなみに子供と遊べる東海のプール7選!

 1位ナガシマスパーランド ジャンボ海水プール

2位浜名湖パルパルのプール

3位鈴鹿サーキット アクアアドベンチャー

4位ラグーナテンボス ラグナシア

5位つま恋ウォーターパーク

6位恵那峡ワンダーランドリビア

7位大垣市民プール

 やっぱり、ナガシマスパーランドは一位です!

 4位のラグナシアも行ったことあります。こちらは、行った当時は飲食の持ち込みオッケーでした。無料の屋根付き休憩所がなく、有料の休憩所は予約でいっぱいで利用できませんでした。建物の影にレジャーシートをひいて休憩しました。ナガシマスパーランドより小規模です。こちらも花火が期間限定で見れます!音羽蒲郡の高速降りて、結構距離があるので一回行ったっきりです。

 ここには載ってないのですが

芝政ワールドのプール

★サンビーチ日光川

も行きました。

 芝政ワールドテントの持ち込みオッケーなので休憩には困りません。スライダーや流れるプール、波のプール、屋内プールなどあります。海水ではなく淡水プールで水が冷たかった印象です。こちらも遊園地があるのですが、水着のまま乗り物に乗れるのでプールと遊園地を行き来することができます。

 

サンビーチ日光川は名古屋市、市営のプールなのですが、入場料が少し高めです。

  • 大人            1500円
  • 小・中学生 700円

 ですが、普通の市営プールと違い波のプールがあったり、砂浜のような砂場があるので砂遊びもできます。砂遊びグッズを持っていくのをオススメします。食べ物の持ち込みオッケー!スイミング用のオムツパンツオッケー!スライダーもあり家族向きです。